F値の"F"は"focal"の"F"





LINEをやっていて突如始まったダイのF値講義。

私、カメラの専門用語、ダメなんです。
頭が受け付けないんです。

そもそもF値の「F」ってなによ?!








それについては講義の後、Wikipediaで調べました。

「光を集める面積が半分になる」というのが、ポイント。
あれで私の理解がぐっと楽になりました。


そして、今回覚えたこと。

「fがちっこいとボケる」

この一つです!!

私、F値がでっかいとボケるとばかり思っていました。
ちっこいとボケる!

このあと、ダイから単焦点レンズの購入を強く勧められます。
以前にも別の人から使うことを勧められたことがあります。
私なら面白く使えそうなんだって。

しかし…
今の私はレンズを買うお金で旅に出たいのだよ…







35mm換算のお話もちょっと出ましたが、そこには食いつけませんでした。

私、理科は本当にダメなのよ。
機械もダメなのよ。
まぢに苦手なのよ…

専門用語を知らなくても写真は撮れるし、
英語、スペイン語をしゃべられなくてもスペイン巡礼に行けるのだよ。





講義中、「モレスキンにまとめます!」と私が言い、
ダイセンセェからも宿題に出されたので、
まとめてみました。

InstagramとTwitterでも、センセェが続出。

わかりやすく教えてくださろうとするけど、
私の頭がついていけず申し訳ない。


これねぇ。
自分の「なにかを理解するときの癖」がねぇ、曲者なの。



技術磨いて、写真の腕を上げる!
という情熱に欠けているのかなぁ。多分。


英介にさわって1年以上して、
少しはなにがどこにあって、
ホワイトバランスとはなにか、
とか理解できたから、
今回はここまでこれたような気がします。

最初、本を読んでもなんにもわからなかったもの。




ダイの講義はまたあると思うよ。

よろしくね。





 


コメント