シングルAFでは空が撮れなかった




「写真の教科書」を読みながら、英介の設定を変えていきました。

それから英介と一緒にお出かけし、
いつものように青空の写真を撮ろうとするとシャッターが切れませんでした。

何度シャッターボタンを押しても、
液晶画面には赤い四角が出て、押し切ることができませんでした。



カメラは空を撮ろうとするとピントをどこに合わせていいかわからずに困ってしまうことがある。
と以前、なにかで読んだことがあったような、
そんな曖昧な記憶がよみがえり、
設定をこれまでしてきた「オートエリア」に戻すと無事にシャッターが切れました。



ただそれだけのことですが、
なんだかこれが嬉しかったのです。





■本日の劣化?

データをPCに落とし、
JTrimで加工したものまではチェックしても気にならないのに、
Bloggerに落とすとなんだかマリオが見える…
(ドット絵みたいなぎざぎざが見える。気がする…)



コメント

papa-roku さんの投稿…
空を撮る時、オートフォーカスだとピントがあいにくいみたいですね。
私も先日、きれいな朝焼けを撮って喜んでいたら、超ピンボケでした。
一番確実なのがマニュアルフォーカスにすることでしょうが、
それがめんどうなんですよね・・。
Kyrie さんの投稿…
マニュアルではほとんど撮影したことがありません。よくわからなくて…

ところで、このBloggerで写真をアップするときに写真が劣化することはありませんか?
旧ブログから持ってきた写真だけかと思いましたが、最近撮ったものでも劣化します。
なにか特別なことをしていらっしゃいますか?
(写真はリサイズしないなど)
Kyrie さんの投稿…
私は多分、写真より文章のほうにちょっぴりウェイトを置いているのだと思います。
だからクリックしなくても写真がばばーん!とある程度見えるほうがいい。
縮小率が高いと劣化するかも。メモ!
ありがとうございます。
他のブログサービスを使っていて、ここまでひどく劣化したことがなかったのでびっくりしました。
またなにかわかったら、きっとどこかに書くと思います。
ブログも写真もいろいろ「実験」です!