2014年のスケジュール帳たち





手帳好きの人には特に頭を悩ませる時期がやってきました。

2014年の手帳はもう決まりましたか?




私もほぼ日手帳ユーザーになるまではあれじゃないこれじゃないと悩んだし、
スケジュールシールを買いこんだりしていました。


今年から手帳の部分はモレスキンにお任せし、
仕事用とプライベート用とA6判のスケジュール帳2冊で過ごしました。

来年も同じようにしようと考えていましたが、
お給料の出ない、ボランティアというには域から出過ぎている仕事絡みのイベント係の、
それも全体をまとめる大きなお役目が突然降ってわいたようにやってきたので、
仕事用のスケジュール帳は大きいものにしました。

メーカーは去年、仕事用のスケジュール帳で使ったのがよかったので、
大きさが違うのをいいことに、両方ともL'ABSURDEのものにしました。




でもねー、なんか違うのよねー。

仕事用のものはいいんです。
あまり遊びを入れないほうがよさそうだから。


でもプライベートのほうはねぇ…

今年の反省で
「開いて眺めてによによするスケジュール帳」が来年の目標なんで。

まぁ、予定の内容がなさすぎなのよね。

デートの予定皆無。
遊びの予定もたまに。

来年のテーマもぼちぼち浮かんでくる頃かなぁ。





とプライベート用の小さいスケジュール帳を眺めていたら、思い出したんです。

ほぼ日手帳のことを!


ほぼ日手帳には本体のカバーがあって、
そのカバーの上に「カバー・オン・カバー」という透明のビニールカバーを装着できるようになっていて、
そこにその時の気分であれこれはさんでいたんです。
カードやステッカーや切り抜きなんかを。










モレスキンになってこの
「表紙にものをはさんで楽しむ」ことができなくなって寂しく思っていました。

でも、ほら。
この通り!

師匠から届いた絵葉書の中で、一番気に入っているものをずっと部屋に飾っていたのですが、
それをスケジュール帳にはさんでみました。



よしっ!
これでキリエっぽくなってきました。

地図はときめくわぁ。

旅行行きたい…



また気分が変わったら葉書を変えたらいいし。



わくわくしてきました!




中身はまだ全然記入していません。

これは秋が深まってからのお楽しみ♪











コメント