笹本恒子の「わたくしの大好き」101  笹本恒子





図書館で何気なく借りた本でした。


まえがきを読み、
あわてて著者のプロフィールを読むと、
大正3年(1914年)生まれの報道写真家の笹本恒子さんでした。
「好奇心ガール、いま97歳」が発行されたとき、すごく衝撃を受けた人。

結局、その本はまだ読んでいないのですが、
彼女の本だと知るとますますわくわくしてページをめくりました。




笹本さんの「好き」が詰まった1冊。
人の「好き」を見るとその人のスタイルが見えてきて面白いです。



「パリが好き」とおっしゃるだけあって、
いつでも背筋はしゃんと伸びて、
自分に似合うものを身につけ、
ほかの誰でもない「笹本恒子」である、
というパリジェンヌのような女性でした。

素敵。




このね、心意気が私にはないのよね。

凛とした姿と
しなやかなエレガンスと
やわらかな優しさと…



私はどんな女性になりたいのかしら。


どきどきします。







コメント