映画「風立ちぬ」  宮崎駿






宮崎駿さんの「風立ちぬ」を見に行きました。




見終わってすぐの感想。

「男の人って、困ったものね」


まるで「紅の豚」のジーナの気分でした。





ここからは多少、ネタばれがあるかもしれないので、ご注意ください。




映画としては、宮崎さんの「千と千尋の神隠し」以降の作品では、
一番自分の感覚的に納得したものでした。
「崖の上のポニョ」も大好きなんだけど、
感覚的に腑に落ちない部分が大きくてどうもすっとしていません。




私の好きなシーンは、まず高原病院を抜け出した菜穂子と次郎が駅で出会うところ。

すっごい泣きそうになって「離さないで…」とすがりつきそうになりました。



それから、菜穂子が吐血したことを知った次郎が菜穂子の実家にやってきて、
庭から菜穂子の部屋に上がり込むところ。

あのときの菜穂子の手や腕が、次郎をかきいだき、髪をなでるのが、
色っぽいのと切ないのとで、もううるうる。
ここでも「離さないで…」と思いました。



そして、菜穂子にせがまれて手をつないで次郎が設計図を描くところ。

きゅんきゅんする。
でも「ちょっと手を離していいかな?煙草が吸いたくなってきた」なんて次郎が言い出し、
「だめです」と菜穂子が我儘を言い、その場で吸うように答える。
菜穂子は結核なので、一度は吸うのをやめるものの、結局は吸う次郎に
「んもう!!!! めっ!!!!」と思った!






私が気に入ったシーンは全部菜穂子がらみのもの。

だって、ちょっと風変わりで才能のある次郎は、
自分の好きなようにして周りの人のことを考えなくて、
夢中になったらそれしか見ないから、
冒頭の

「男の人って、困ったものね!」

につながり、あんまり好ましくないんだもの。



けれどね、これを受け入れられるようになったら、私、結婚できるかもしれないなぁ。
なんて考えました。
一種の諦めを受け入れ、折り合いがつけられれば、ね。





それから結婚がしたくなる作品でもあります。
本庄さん夫婦がどうなるのかが一切描かれていなくて、そこが残念でしたが、
黒川さん夫婦がまた素敵で。

籍を入れていない二人を離れに住まわせるわけにはいかん!という黒川さんに
次郎と菜穂子は今すぐに結婚をすると言い切ります。
すると黒川夫人が
「そうと決まれば、女には女の支度があるのです!」
と菜穂子に花嫁の支度をしてあげます。

それをそわそわしながら次郎より緊張して待つ黒川さん。

なんだかそのやりとりも「こなれた夫婦」って感じで素敵です。





あとは所作の美しさでしょうか。

がさつな自分の普段の行動をちょっぴり反省。





あ。
キスもしたくなるよ!(笑)







映画の本筋からはすごく外れていると思いますが、
本筋で感じたこともたくさんあります。

でも、それよりも私は菜穂子にシンクロしたので、ブログにはそれを書くことにしました。








■本日の写真

チラシから切り抜いた次郎さんをモレスキンに貼っています。
左ページはのりで止めていないので、
次郎さんの右腕の下に感想を書きました。

夏モレ(夏を楽しむためのモレスキン)も充実してきました。
いろいろ貼っているので、ぱんぱんになっています。











コメント