世界の涯てでお茶を飲む。/ 太陽の光のように幸せになること。 海のように扱いにくいヤツとなること。

2013-08-31

プチトマトとシーフードのパスタ

event_note8月 31, 2013 forum2 comments













プチトマトをたくさんいただいたので、パスタに入れてみることにしました。

最初にプチトマトだけをオリーブオイルで、じわじわを焼き、
皮が破れるくらいにぷんぷんにしておいたせいか、
生で食べたときより甘みが増していました。


スーパーで普通の太さの気に入ったスパゲッティがなかったので、
細いものにしたら、おそうめんのような細さでした。

家では使わないので、ゆで時間の短さなど、びっくりすることがたくさんでした。





新たなる出発 もうブログをエクスポートとかインポートとかしちゃったよ!やっぱり気軽でいたいもん!

event_note8月 31, 2013 forumNo comments







Google+コメントを無効にすること、絶望的…



こっそりBloggerは1アカウントで複数のブログ作成ができるのをいいことに、テストで作成。
コメント欄チェック。


おおおおお!!



G+コメントじゃなくて、前のまんまだ!!!





手作業でお引っ越しかと思えば、
ブログのエクスポートもインポートも割と楽。
よくわからないところは力技で!




ブログデザインやガジェットなどはささーーっと、軽く。




でもぜーぜー息切れ。









というわけで、作り直しました!

これが早いもん!






8月14日に作って半月で2000pvを越えたり、
楽しいことがいっぱいだったけど、
仕方ない。

そっちより、コメントを気軽にしてもらうほうが私には大事。






すけべ心を出してしまったのが、そもそもいけないんだもん…





予約投稿もサクッとお引っ越しできたし、
あれこれ余計なものを入れようとしたけれど、
ここは「潔くシンプルに。もっとわかってからいじりなさい!」
と言われたんだわ、きっと。



これ以外は気に入っているんだ、Blogger。





長かった2013年の夏の終わりにふさわしいドタバタでした。



これからもよろしくね。




Kyrie











【力技で解決済み!】[教えてください!]Bloggerのコメント欄をGoogle+から元に戻したい

event_note8月 31, 2013 forumNo comments





結局、ブログを新しく作り直しましたー!(爆) Aug. 31, 2013 11:05

あたい、疲れたよ… 
そのときの様子→



■教えてほしいこと

このブログのGoogle+のコメントを無効にし、
元の誰でも書きこめるコメント欄に戻したい





ひええええええ!

キリエ、やってしまいました!


FacebookページのようなものがGoogle+にあれば、
より相性がいいんじゃない?

とすけべ心を出し調べたら、その名もGoogle+ページというものがあったので、作成してみました。

けれど、FBページのように、これまで投稿してきたポストをG+ページに載せたいのですが、
どうやっても個人のTLに載るようにしかなりません。

そこでGoogle+に接続してみましたが、やっぱりG+ページに投稿できないし、
投稿者は個人の名前が表示されてるし、
 おまけにコメント欄がGoogle+のものになっている!!



私は気軽にコメントをしてほしいので、
今のところ困ったことがないし、
普通のものにしていました。

Google+との接続はやめ、
プロフィールもBloggerのものに戻しましたが、
コメント欄だけ戻りません。

ぐーぐる先生に聞いても、ワードがよくないのか全然思うものにヒットしません。
G+コメント欄設置方法は山ほど出てくるのに!



1度、コメント欄を閉じましたが、
このポストへのお返事が書けないことに気づき、元に戻します。
G+の方しか回答できませんが、やり方をご存じの方は教えてください。
よろしくお願いします。



[おまけ]

「あたしがG+とつながっているからいけないんだわ!」と思い、
ほとんど活用していなかったので、G+もページも削除してみましたが、
うまくいきませんでしたーー!!

ということは、私も今、自分のブログなのにコメントできないんです(爆)





■追記

ひゃあああああ!
コメント欄が表示されない!!
なんでじゃ?!

裏でがんばってますが、こういうことにはめっきり不得手なキリエ。

力つきたときのためにTwitterをご紹介。

「このURLを見たらいいよ!」などありましたら、よろしくお願いします。


キリエのTwitter→



2013-08-30

縮景園

event_note8月 30, 2013 forumNo comments










近頃、県美に行くと縮景園に100円で入れたり、
はたまた無料で入れたりすることがあります。

今回は無料でした。




今年の夏は、
映画「夏休みの地図」から始まって、
現美「SITE」展
映画「風立ちぬ」
県美「尊厳の芸術展」「ピース・ミーツ・アート!展」
戦争や原爆にまつわることに多くふれる夏でもありました。








縮景園もそのひとつ。

園内にも被爆イチョウがあります。
大きな木でした。













この日も暑く、36℃ありましたが、
縮景園ではハギが咲き始めていました。

暑いですが、立秋も過ぎ、夜明けや日の入りが少しずつ早くなり、
窓から入り込む光の角度も随分変わりました。

秋はそっと近づいてるようです。







Shukkeien Garden in Hiroshima




冷え症からの脱却 筋肉量を増やせ!










今年になりタニタの体重計を手に入れてから計っていますが、
体重だけではなく、いろんなものの数値がわかります。
体脂肪だとか骨密度だとか。

その中に「筋肉量」という項目があり、私はすっごく低いのです。

冷え症で、 血行が悪いと思い、
しょうが紅茶を飲んだり、はらまきをしたり、
からだを温めていました。

けれど、この筋肉量では熱が作れない!!





日の出日の入りの時間が明らかに変わり、
日差しの様子も変化し、
トンボもよく見るようになりました。

少しずつ涼しくなっているので、本格的にカーヴィーダンスを復活させて、
筋肉量を増やすんだ!


また変化があったら、報告します。








2013-08-29

夏モレタイム in 縮景園








モレスキンにあれこれ書きこんだり、描いたり、貼ったり、いろいろする時間がモレタイム。



縮景園はゴッホ展にちなんで美術館に隣接しているところにひまわりエリアを作っていましたよ。











暑かったですが、人もいないしのんびりとモレスキンを広げ、
初めてお出かけのときに持ってきたマスキングテープで見出しっぽくしたり、
さっそくチケットの半券を貼ったりしながら、モレタイムを楽しみました。




世界の人が見てる

event_note8月 29, 2013 forumNo comments






Bloggerの編集画面には「統計」というものがあります。
 簡単な解析機能です。

これまであまり解析を気にしたことがなかったのですが、
その中に「閲覧者」というものがあって、
どこの国から閲覧されているのがわかります。


へぇ~、こんな国から見られてるんだ!

と面白く思っていました。





という記事を書くつもりでしたが、
統計の「トラフィック」のところの参照元URLに
「vampirestat」が…

飛ぼうとしたら、Google先生が「そこは大変危険!!」と止められ、
調べたらスパムでした。

閲覧数を上げ、書き手が気になって私のように飛んでしまうと、
そこから悪さをするそうです。

ちょっと嬉しかったのになぁ…




まだ始めて2週間余りなのに、当然だよね。
地味にゆるゆるいきます。










2013-08-28

やってみた5つのブログカスタマイズ

event_note8月 28, 2013 forumNo comments







私がBloggerを選んだ理由の一つに、
「広告がなくてシンプルなデザイン」
が挙げられます。

自分が撮った写真も多く載せるので、
周りはすっきりして、
写真をどどーんと載せ、それがしっかり目立つようにしたい。

ほかにもいくつか「ブログを書くのにほしいもの」をリストアップして、探しました。



これまでこんなにシンプルなデザインのブログを作ったことはありません。

満足!




でも、ちょっと寂しい。

そこでネットで調べて、ブログのカスタマイズをしました。
CSSやなんとかという知識は全くないので、
レイアウトをいじった、ガジェットを入れた、くらいなのですが。




■「ページ」の表示(右サイドバーにあるアレ。一般的にいったらリンク?)


最初、意味がわからなかったんです、これ。
ほかの人のブログを見て、なにかがわかりました。

TwitteやInstagramのブログパーツなどを表示させたくてもできなくて困っていましたが、
これですっきりとサイドバーで表示できました。
ついでにライターをやっているNOTEBOOKERSのサイトや前のブログのリンクも載せました。

なんとなく「つながってる感」が持ててきたぞ!

それで、これ、「PAGE」と英語で表記できないのかしら?
海外にいる友達に見てもらうために、英語表記を多めにしています(間違いもあるけれど)。
簡単な単語で日本人でもぱっとわかりやすいものに。
「前の投稿」「次の投稿」も英語表記したいなぁ。
HTMLがいじれないとだめかなぁ。




■「ラベル」の表示(一般的にいったらタグとかカテゴリー?)


これも他の人のブログを見て
「こんなのができるんだ!」とやりたくなって挑戦!

前のブログでは1記事に1カテゴリーしか登録できなかったので、
複数つけられるのはいいですね。

最初は思いつきでラベルの名前をつけていましたが、
英語にしたとき不自然かな、
これとこれはまとめたいな、
ということが出てきたので、
すでに60以上も投稿していたのに、
練り直してつけ直しました。

目立つことではありませんが、これで気持ちもすっきり!

こんな記事が書きたいなぁ、とカテゴリー的に先に登録しておきたいけれど、できないのが残念!
これらもモレスキンにリストアップして、混乱しないようにしています。




■「人気の投稿」の表示


これは基本のガジェットを入れました。
範囲を「全範囲」にするか「1週間」にするか悩みましたが、
今は「全範囲」にしています。
投稿数が増えるたびに順位が入れ替わるのを見るのが楽しい。




■「最近の投稿」「最近のコメント」の表示


「人気の投稿」を全範囲にしたので、最近はなにを書いているのかぱっと見えないし、
アーカイブを投稿タイトル入りで表示していましたが、
どうやら1カ月分ずらーっと表示されそうなので、なんとかならないものか、と探していました。
だって、今、すごい勢いで投稿する予定にしているんですもの。
(もうすぐ落ち着くけど)
右サイドバーだけがずらずら長いのって、カッコよくないもん。

「コメント」はもらうと嬉しいので、表示♪




■LinkWithinを使っての「おすすめ記事」の表示


これもやってみたかったんです。
自分で撮った写真を載せているので、
すぐに見えなくなってしまうのがいやで、ちりばめたかったのです。

LinkWithinだと過去の記事をサムネイル表示してくれるので、
写真がいっぱーい!わーい!

横幅を調整するやり方も載っていましたが、
私にはできませんでした…
なので、少しでも目立たなくなるようにしました。

1つの記事になにを基準にして選択されるのか謎の「おすすめ記事」。
自分でも「この記事に対してどれをおすすめしてくるのかしら」とわくわくしてのぞいてしまいます。






これらをやるにあたり、
私はお気に入りのデザインを使わないという選択も迫られました。
それはSnapShotというデザインで、これは記事内で使った写真が並べられて表示されるものです。
何度もデザインを変えて、
結局、カスタマイズができる今のデザインにしました。

今後、自分の知識が増えて、HTMLなんかがいじれるようになったら、
また変えていきたいと思います。


少しずつ、誰かのじゃなくて「自分のブログ」になっている感じがして、嬉しいな!









2013-08-27

「ピース・ミーツ・アート!」展  広島県立美術館






今夏、広島では、広島県立美術館、ひろしま美術館、広島市現代美術館の3館が
「アート・アーチ・ひろしま2013」と称して
「平和」をテーマにした企画展を同時に開催しています。



 そのうちのひとつ、「ピース・ミーツ・アート!」展を訪れました。

といっても、「ゴッホ展」「尊厳の芸術展」に続く3つ目なので、いろいろふらふらしていました。



ネタバレ要素あり。ご注意ください。





ピカソの「ゲルニカ」も、
岡本太郎の「明日の神話」も(ここでも会えるとは思いもしませんでした)、
丸木位里・俊も、
三宅一生も、
イサム・ノグチも、
いつも県美で会うダリも、
被爆者の衣服の写真も
(原爆資料館に保管されているものを撮影したもの。
これがかわいらしい花柄のワンピースで、
いつの時代でもおしゃれはあるし、
それがない心の状態って悲しいことだと思うし、
きっと少女のものだろうけれど、
普通の少女が突然の原爆にやられたんだと思うと背筋がぞわぞわして、
余計に悲しくなった)、
被爆してぐんにゃりまがったガラス瓶に寄り添う人形も、
ほんとにいろいろいろいろあって、
投げかけてくるものはいっぱいでたまらないのだけれど。



私は塩を撮り上げようと思います。




「大量に塩を使った作品がある」
というのは県美が流すツイートの中で知っていました。

でも現代美術ってわかりにくかったり、
作品だけではなく作者の思いや意図を言葉で補充しないと、いや、補充しても伝わってこないものが多い感じがします。
私には、ね。


なので、大量の塩もそんな類の作品かもしれない。と思っていました。






会場の大きな平面を使っていました。

紺色の面にかくかくした迷路が塩で描かれていました。
それは地図のようにも見えました。
なんとなく 川のようなものも見え、
違うのに「広島市みたいだ」と思いました。

迷路はだんだんと広島市でいう北に進むと塩の山となり、
そのふもとはうっすらと塩がかかっていて、霧か靄がかかっているようでした。

そのグラデーションも素晴らしかったし、
「塩」という無機質の生命感のないうっすらと不気味なのに、
その緻密な迷路が描かれているために、
妙に息吹があるのです。


私もなんであんなに興奮したのか、わかりません。

それでもずっと「塩が…!塩が…!!」と心の中で叫んでいました。

私にはとてもインパクトのある作品でした。



今でも理由はわかりません。


もしかしたら、何年も経って「あ」と思いつくことがあるかもしれません。





ずっと作品のことを迷路と呼んでいましたが、タイトルは「迷宮」です。









私は、3つも展覧会を回ることができない、と思っていました。
普段、一つの展覧会を見るだけでも相当疲れるからです。

でも、この日は作品を見れば見るほど、自分の内側からなにかが湧き上がってくるような感覚で、
とても気持ちよく見て回ることができました。




駆け足になったところがない、とは言い切れません。

やっぱり3つは多いなぁ(笑)








■Peace Meets Art!   @Hiroshima Prefectural Art Museum



銀の匙 1  荒川弘

event_note8月 27, 2013 forumNo comments




キリエの夏休みの課題図書
(もう夏休みも終わりますが)

♪ででーん

「銀の匙 1」




ホントは「もやしもん」とわちふぃーるどのダヤンとスナフキンみたいなネコのお話を
課題図書にしようと思っていましたが、
本が準備できず、
ふらりと入った古本屋さんで「銀の匙」を買ってしまいました。

(「銀の匙」は「もやしもん」と共に友達から勧められていました)





北海道の農業高校が舞台なのは知っていましたが、
「もやしもん」や「動物のお医者さん」のようなノリなんだとばかり思っていました。

むむむむ





違いました。



「屠る」
という言葉が私の頭の中をぐるぐるしていました。



ぐっと目の前に突き出されて、
生々しくて、
動けなくて。



私が生きるということは、ほかの命をとりこんでいくということ。

かわいい!だけじゃすまされない現実。

それを職業にしている人への厳しい環境(経済的なことと理想と現実など)。

わかっているようで、わかっていないよね。



幼少期の体験から、私は祖父がやっていたのを随分見ていたので、
釣った魚がびちびち跳ねるのを気絶させて、さばくことはできます。
でも、これをニワトリやウサギでできるか、と問われればすごく難しいと思います。


いろんな問題提起をされながら、
私も揺さぶられながら、
これから先、読んでいくんだろうなぁ。


まだ1巻でお話の導入部分なので、
盛り上がりはこれから!
という感じですが、
予想外の重さとえぐられ具合に息が詰まりそうです。





でも、生きていく上で大事なテーマ。
それがタイトルの「銀の匙」につながっていくんだと思います。



次巻を読むのが楽しみ♪
八軒くんの過去が知りたい。


今はここまで!










2013-08-26

髪を切った








これから来ることのためと、
暑さに耐えきれず、
髪を切った。

切るたびにどんどん短くなっていく。




2013-08-25

Bloggerにやってきて

event_note8月 25, 2013 forumNo comments








ここに来る前は、アメブロでブログを書いていました。

「ペタ」という機能があるので、コメントを書かなくても
「読んだよ!」「来たよ!」と相手にお知らせできるし、
関心があることがらについて書かれているアメブロを検索してペタをつけると、
相手側も関心を持てば私のブログをのぞきにくることができました。




Bloggerではそういう機能がなく、
どうやって読者を探すのか、
SNSでブログ更新のお知らせを流すしかないのか、
なんてことをずっと考えていました。



アメブロは他のアメブロのブログとつながりやすい仕組みになっているんだなぁ、と改めて感じました。
受動的で、
お気に入りのブログ更新はすぐに目につきやすいし、
アメブロでの検索は楽だし、またたくさんヒットするからです。
お勧めアメブロも芸能人ブログの状況もたくさんお知らせしてくれます。



それがなくなると、「アメブロ」という枠をとっぱらったところからブログを探すことになります。

一時は不安になりましたが、
一度はWordPressでブログを作ってみようか、と思った私です。
WPならますますそんな「つながり機能」なんてないんじゃない?
 そう気づいてしまうと、こっちのものでした。
能動的でした。



いろんなブログサービスのブログを探して読みました。


面白いね、ブログ!






わいわいと楽しい世界でしたが、狭い世界にいたんだなぁ、と感じました。
(狭い中の濃い関係も楽しいけどね♪)






なんだか、自由を感じました。







「尊厳の芸術展」  広島県立美術館










広島県立美術館の特別展の中で、一番見たかったのは「尊厳の芸術展」だった。

第二次世界大戦中、アメリカで日系アメリカ人が強制収容所に連れていかれ、
そこで過ごした人たちが作ったものだ。
とだけ、前もって知っていた。


随分前から私のテーマの中に「自分の居場所」というものがある。

場所や人になじめず、
またふらふらと自分が望まずに動いたり、
あるいは自分が動かなくても周りの人が動いたりして
「ある場所になじんで根を張る」ということがとても苦手だ。


けれど、結婚というものに正面切って取り組もうとしたころから、
「あたしはここにいるのーーー!
無視しないでよーーー!」
と、自分の居場所を示すために旗を掲げることにした。
(これまでは「誰も気づいてくれない」とすねすねしてた)




「尊厳の芸術」のコピーとして“生きる証だった”ということばが添えられている。

それに私は共感して、見にいった。






作品は撮影可能でWebに載せることも許可されていたので、
私が撮ったものを少しずつ載せていこうと思う。





最初に持った感想は
「思ったより明るかった」。

もっとドロドロと悲惨な感じがするのかと想像していたが、そんなことはなかった。









ほら、かわいらしい小物たんすでしょう。

生活の中のアートだ。












こんなにかわいらしいブローチやコサージュ。

















こんなにかわいらしい千人針も初めて見た。
私がこれまでに見たものは勇ましい漢字が書かれていたが、生きて帰れないような壮絶な雰囲気でいっぱいだった。





厳しい生活の中で、使い勝手もよくデザインも素敵なものを作るパワー。
「私はここに生きている」という証。

私は内側から湧き上がるエネルギーの渦に飲まれていった。





しかし、入口のところで上映されてた8分間の映像を見て、それがより厳しいものから誕生したことを知る。



強制収容所では一人にベッドがあるだけで、しきりもなにもなく、プライバシーもなにもなかった。

厳しい環境の中で、山市さんは自分の名前を彫り込んだ表札を掲げる。
「自分はここにいるのだ!」

持ち物の持ち込みが厳しく制限され、
楽しみも制限されていた中で、
生活必需品を作り、
娯楽に必要なものを作り、
装飾品を作り。


私がさっき見ていたものたちは、そんな中で生まれたものだった。




あの、かわいらしいお花のブローチは貝殻で作られている。
両親が収容所に入っていた女性がその収容所を訪ねる。
貝殻は地面を掘って掘って掘って出てくるものだった。

また彼女の両親は娘に対して、収容所のよいことや楽しかったことばかり話したそうだ。
それは、アメリカで生きていく娘がアメリカに憎しみや偏見を持たないように。

ヒロシマの被爆者のことをふと思い出していた。





その映像を見たあと、私はもう一度作品を思い出していた。




私の中にこの強さと豊かさがあるのか。




それから東日本大震災のことを思い出していた。





様々なことが渦巻いていたが、やはり最初に持った明るさは消えることはなかった。






会場から出るとき、私の中で響いた言葉は、三輪明宏さんのものだった。

「文化は心のビタミンです」











実はこの展覧会のことを知って、前売り券を買いに行ったが売られていなかった。
不思議に思って調べてみると、入場無料だったので驚いた。


ゴッホなどの大きな特別展に隠れてしまっているが、
この小さな展覧会をしっかり見てほしい、と人に勧めたい。







■The Art of Gaman   @Hiroshima Prefectural Art Museum





2013-08-24

樫木裕実先生のカーヴィーブラ







大切に身につけていたブラですが、だんだんくたびれてきました。

そろそろ新しいブラがほしいなぁ、と思っていたところに、
カーヴィーダンスの樫木裕実先生×PJのコラボブラ「カーヴィーブラ」発売のことを知りました。
発売当初は、人気で売り切れ続出だったし、
私にも余裕がなくて、
「せっかくかわいい下着を選ぶんだもの。落ち着いて注文したいな」
と思って先送りしていました。



お盆休みにようやく一息つけたので、注文し、8月の終わりに届けられました。

あれこれ悩んで、元気になれるオレンジ、シャープでクールなブルー、そしてシックなヘザーグレーの3色です。


樫木先生がずっとおっしゃっていた
「肩甲骨を邪魔しない」
のを体感!

背中から腕が動きやすーい!!

これはよいです。



一方で、
「これが『殿方が破壊する率が高い』という噂のフロントホックか…」
と初めてのフロントホックブラの華奢なパーツに
「殿方じゃなく、私が壊しそうじゃ!」
と緊張したり。

普段は胸のラインにフィットするパットが入っていない、
「ナチュラルでらくらくなブラ」
を着用していますが、
カーヴィーブラはパット入り。

着けて第一声。
「胸がボリューミィー!!」

胸の谷間もくっきり。
胸も丸さもたっぷり。
写真でお見せできないのが残念です。

驚きました。
なんだ、この高性能!!

これは騙される殿方続出です。




 ヘルシー&セクシーなキリエでいられそうです。

うふふ♪





夏は暑さでサボり気味ですが、涼しくなったらカーヴィーダンスも再開だ!
少なすぎる筋肉量アップを狙います。







「ゴッホ展 空白のパリを追う」  広島県立美術館





















今夏、広島県立美術館は大変です。

ゴッホ展
尊厳の芸術展
PEACE MEETS ART!展

と3つも特別展が開催されているからです。





まずはゴッホ展から行きました。



チケットにもあしらわれているゴッホの自画像が会場では赤と青の大きな垂れ幕となっていました。
これもカッコいいな。


この先、ネタバレ要素を含んでいます。ご注意ください。




ゴッホと言えば、上の写真の自画像にあるようなあの筆遣いとひまわりと耳を切り落とした画家として有名です。

けれどこの展覧会では、そうでないゴッホ。
そこに行きつくまでのゴッホを見ることができました。



暗いくらーい闇の中に何かがぼんやり浮かんで見えるような暗い絵から、
暗い背景に鮮やかな色彩の花が描かれ、
パステル色の薄塗りのかわいらしいフランスの町並みが描かれ…


ゴッホの作品をこんなにまとめて見る機会はないなぁ、と改めて思いました。




あとは研究からわかったゴッホの絵の秘密についての展示の仕方がすっごく面白くて、
わかりやすくてよかったです。


なにに描いたか。
 画材が高価なので、大きいキャンバスを半分に切ったり、安価な紙を使ったり、
一度描いた絵の上に別の絵を描いたり。

どうやって描いたか。
下絵みっちり。紙やキャンバスの表にも裏にもみっちり描く。

ニスを塗って筆の滑りをよくする。

絵の具の劣化のため退色した色の復元。

ゴッホの自画像だと思われていた作品が、耳たぶの特徴などから実は弟のテオの肖像画だった。


など、謎解きをしているような、
調査された本物の作品を見ながら、これらの解説や説明のための写真を見るのです。

いや、もう楽しい!
ワクワクする!!




ここのセクションでは、大興奮して心の中できゃーきゃー騒いでいました。

ひとりで行ったのですが、もし誰かと一緒に言ったら、
機関銃のようにしゃべり続けていたと思います。






広島県美は作品を展示する大きな部屋と部屋の間の通路に、
その通路からは直接見えないように休憩スペースが設けられています。
そこで少々のおしゃべりをしても、鑑賞している人には迷惑がかからないと思います。
これは気に入っています。

自分の内側からあふれるものをしゃべるか、
ノートブックに書き留めるかしたくなる私は、
大きい部屋から出るたびに休憩スペースに入り込み、
モレスキンを開いて書き、一息ついてからまた次の大きい部屋に入る。
ということを繰り返していました。




もし県美が募集しているウェブ・レポーターをされる方にもなかなかいいスペースだと思います。

最近、私がウェブ・レポーターに応募しないのは、
仕事との時間の調整がつかないこともありますが、
「レポートをせねば!」という気持ちが強くて、
自由に作品を鑑賞できなかったこと、が大きいです。

でも、ウェブ・レポーターじゃなくてもレポートするから、
鑑賞中のメモは大事なのだ!


ただ関心があるのにやっていない方はぜひ、ウェブ・レポーターをやってみることをお勧めします。

なぜって、普段の何倍も集中して作品を見るから。

どれだけ気を抜いて見てきたのか、を痛感するし、
それだけ集中して作品を見ると、これまで見ていなかったものが見えるからです。

見終わってからとても疲れますが、その充足感はたまりません!







さて、ゴッホ展に戻りますが、
ゴッホ美術館の改修工事のため、
大量の作品の貸し出しが可能になり、
これだけのものをまとまって、
それも日本で見ることができる機会となったのにも驚きでした。

こういうこともあるのね。




うーん、大満足!!!







■ Van Gogh in Paris : New Perspectives      @Hiroshima Prefectural Art Museum






2013-08-23

目を皿のように喉から手が出るほど

event_note8月 23, 2013 forumNo comments





自分が結婚をしていないことを告げると
「目を皿のようにして探したの?」
「喉から手が出るほど探したの?」
と6歳のボーイから聞かれました。


うーん。
結婚相手はそんなに探してないなぁ(笑)




「がんばって探すよ!」
と答えてみました。




キリエの今年のテーマ「結婚」はゆるゆると継続中。






映画「風立ちぬ」  宮崎駿








宮崎駿さんの「風立ちぬ」を見に行きました。




見終わってすぐの感想。

「男の人って、困ったものね」


まるで「紅の豚」のジーナの気分でした。





ここからは多少、ネタばれがあるかもしれないので、ご注意ください。




映画としては、宮崎さんの「千と千尋の神隠し」以降の作品では、
一番自分の感覚的に納得したものでした。
「崖の上のポニョ」も大好きなんだけど、
感覚的に腑に落ちない部分が大きくてどうもすっとしていません。




私の好きなシーンは、まず高原病院を抜け出した菜穂子と次郎が駅で出会うところ。

すっごい泣きそうになって「離さないで…」とすがりつきそうになりました。



それから、菜穂子が吐血したことを知った次郎が菜穂子の実家にやってきて、
庭から菜穂子の部屋に上がり込むところ。

あのときの菜穂子の手や腕が、次郎をかきいだき、髪をなでるのが、
色っぽいのと切ないのとで、もううるうる。
ここでも「離さないで…」と思いました。



そして、菜穂子にせがまれて手をつないで次郎が設計図を描くところ。

きゅんきゅんする。
でも「ちょっと手を離していいかな?煙草が吸いたくなってきた」なんて次郎が言い出し、
「だめです」と菜穂子が我儘を言い、その場で吸うように答える。
菜穂子は結核なので、一度は吸うのをやめるものの、結局は吸う次郎に
「んもう!!!! めっ!!!!」と思った!






私が気に入ったシーンは全部菜穂子がらみのもの。

だって、ちょっと風変わりで才能のある次郎は、
自分の好きなようにして周りの人のことを考えなくて、
夢中になったらそれしか見ないから、
冒頭の

「男の人って、困ったものね!」

につながり、あんまり好ましくないんだもの。



けれどね、これを受け入れられるようになったら、私、結婚できるかもしれないなぁ。
なんて考えました。
一種の諦めを受け入れ、折り合いがつけられれば、ね。





それから結婚がしたくなる作品でもあります。
本庄さん夫婦がどうなるのかが一切描かれていなくて、そこが残念でしたが、
黒川さん夫婦がまた素敵で。

籍を入れていない二人を離れに住まわせるわけにはいかん!という黒川さんに
次郎と菜穂子は今すぐに結婚をすると言い切ります。
すると黒川夫人が
「そうと決まれば、女には女の支度があるのです!」
と菜穂子に花嫁の支度をしてあげます。

それをそわそわしながら次郎より緊張して待つ黒川さん。

なんだかそのやりとりも「こなれた夫婦」って感じで素敵です。





あとは所作の美しさでしょうか。

がさつな自分の普段の行動をちょっぴり反省。





あ。
キスもしたくなるよ!(笑)







映画の本筋からはすごく外れていると思いますが、
本筋で感じたこともたくさんあります。

でも、それよりも私は菜穂子にシンクロしたので、ブログにはそれを書くことにしました。








■本日の写真

チラシから切り抜いた次郎さんをモレスキンに貼っています。
左ページはのりで止めていないので、
次郎さんの右腕の下に感想を書きました。

夏モレ(夏を楽しむためのモレスキン)も充実してきました。
いろいろ貼っているので、ぱんぱんになっています。











2013-08-22

ブログを書き始めた頃 ~なぜ書いているのか~

event_note8月 22, 2013 forumNo comments






つらつらと思い出していくと、ブログを初めて作ったのは2004年だと思うので、
もう9年近くブログを書いている。


きっかけはスペイン巡礼に行こうと決めて、
ネット検索をし、
巡礼について書かれているブログに出会い、
そこからブログを読むことを覚え、
自分も書きたくなったからだ。

最初は巡礼に行ってから「巡礼旅行記」として書き始めようかと考えていたが、
そこまで我慢ができずに始めてしまった。


今ではスペイン巡礼の日本語のガイドブックも詳しい日程の本もあるけれど、
2004年はまだスピリチュアル系や哲学系の本が多くて、
実際に歩くために参考になるものは少なかった。
それで情報を集めていた。




もともと書くことが好きで、
なんとか通信といって、コピーの小さな読み物を作ってせっせと送っていたこともある。

でもその原稿を作って、コピーして郵送する、というのが、
部数が増えてくるとなかなか大変になった。




その点ブログは投稿すれば楽にたくさんの人に読んでもらえるし、
 写真も載せられる。

私はブログにのめり込んでいった。

他の人のブログを読むのもすごく楽しかった。




これまでいくつかのブログを作っては削除してきたことは前に書いたけど、
ブログサービスが気に入らなかったり、
脱皮したかったり、
いろんなものを手放して、更のところから作りたい衝動に駆られてだったりした。



 これよりひとつ前のブログを始めたとき
「3年はこのブログを続けよう」
と決めた。

実はその3年まであと3カ月くらいなんだけど、
どうもひっかかりがあったので、
いろいろ散々考えて試した結果、
今現在はここに書いている。



そこで書いていたすべてのブログがここに移せればいいのだけれど、
エクスポート機能が前のブログになかったのと、
前のブログを通じて知り合った人もたくさんいるのでアカウントは残しておきたくて、
リンクでつないで、そのまま残している。




なぜ書くか。
の答えとしては
「好きだから」
としか答えようがない。

これでご飯を食べているわけでもなく、
有益なことを書いてパワーブロガーになっているわけでもなく、
そして自分の特徴というかある意味欠点なのだが
読者を意識して書いているわけでもない。



ただ書きたいから、好きだから書いている。

 同じことは日記みたいなものをノートブックやほぼ日手帳、モレスキンに書いてきたことにも言える。

きっと「趣味 : ブログ」と書いてもいいくらいだと思う。





ブログも日記も
「毎日書くと決めました!」
を宣言している人がいて、
続かなかったら自分を責めるようなことを書いている人もいるけれど、
好きだったらそんなにしなくても書いちゃうんだ。

そういう人は書くことをやめて、もっと自分が好きなことに集中して邁進していくのもアリじゃないかと思う。








ブログを削除するときに後悔しなかったか?とも聞かれるけど、
昔の日記はこっぱずかしくて読めないように、
昔のブログも同じだと思う。

それにいろんなものをすっぱり捨てたときの爽快感はたまらない。
それはブログも、だ。




私は捨てすぎるきらいがあるので、
今は「継続」がテーマになっていることもあって、
前のブログを残している。



幾つかのことが絡み合って今、こうなっているのね。




これからもずっと書き続けられますように。














線香花火を撮る










広島みなと夢花火大会で花火撮影にすっかり失敗したキリエ。

そんなキリエの次なる野望は
「儚くて可憐、それでも情熱的な線香花火を撮る」
ことでした。




BBQ小屋で牡蠣を食べたあと、花火をすることになりました。

なんと線香花火の撮り方を全然調べていなかったキリエぴーんち!



しかし、
「カメラのプログラム機能はお任せでもそこそこ写るようになっている!エラいんだ!」
というフレーズがどこからともなく自分の中にわいてきたので、
プログラムに設定して撮ることにしました。



色見や深さなどいろいろあるでしょうが、思ったより素敵に撮れていました。
英介、エラい!!











 最後の儚い感じもちゃんと撮れていました。





自分で花火を持ってシャッターを切るので大変!

でもこれに味をしめ、
撮り方をしっかり調べた上で、
おうちで「ひとり線香花火撮影会」ができるじゃーん!
と次の野望もむくむくとわいてきました。





うまく撮れたら、また報告しますね。





英介

キリエのカメラ Nikon1 J1の名前





2013-08-21

久々に書くことに飢えた

event_note8月 21, 2013 forumNo comments






暑さと疲れのせいか、
ブログを2週間くらい、書いていませんでした。

そのせいか、新しいブログサービスでブログを始めると止まらなくなり、
お盆休みはブログばかり書いていました。


振り返ってみると、私が初めてブログを作ったのは2004年のことだったと思います。
それから4つくらいブログを作っては削除し、
5つめが「Old Blog」から飛べるブログで、
今のブログで6つめ。かな?

(注:今は「Old Blog」へのリンクは切っています。前のブログの記事を引っ越しさせているためです。Sep. 15, 2013)



がんがん書いていて感じたことは
「久々に書くことに飢えた」
でした。

TwitterもモレスキンもInstagramも書いていましたが、
ブログを書く、ということは私の中で
「書いている」
を実感する大きなものなんだなぁ、と思いました。




今、朝の3時台に更新している「キリエの夏の思い出」シリーズですが、
映画を見たり、美術館に行ったりして感じたことなので、
勢いがあって、感想が新鮮じゃないとつまらなくなる!
という感じ、とにかく書きまくったのかもしれません。




そうか、ブログを書き始めて丸9年がくるのか。

そう思うと感慨深いものがあります。





ブログを書き始めたきっかけを読んだり聞いたりするのは好き。

なんでも「始まり」を聞くのが好きなんです。




 私もブログを書き始めたきっかけを思い出して書いてみようかな。





ミルキー鉄男のBBQ小屋







冬になると「牡蠣小屋」が登場するのですが、
なんと今夏、宇品の牡蠣小屋は「BBQ小屋」となって登場しました。

ちょうど「BBQしたい!」という友達がいたので、楽しんできました。










なんと夏場なのに牡蠣もありましたよ!うまいです。
でもやっぱり牡蠣は旬の時期に食べたほうがうまいです。

ほかにもアサリのバター焼きやもちろんお肉も焼けました。



勇んで行ったのですが、生の火の火力をなめていた!

顔面サウナみたいに暑くて、汗がこれでもか!ってくらい出て、食欲が減退しました。




うーん、やっぱりマイ七厘を持つべきかしら…?(笑)









 My friends and I enjoyed broiled oysters.




2013-08-20

IFTTTが動かない…

event_note8月 20, 2013 forumNo comments






Bloggerでブログを作りましたが、
ペタやあしあと、いいね!ボタンのようなものがないので、
どうやって お知らせしたり、つながりを持ったらいいのか、わかりません。

ほかのブログにコメントする。
というのもありますが、
「気に入って読んでいますよ!」を伝えるのと、
コメントするのでは、ちょっと違うような気がしています。


それで、TwitterのTLに流すことを考え、
IFTTTを使ってみました

最初はサクサク動いたし、
予約投稿にも対応していたので
ほくほくしていたのですが、
土曜日から動きません…

「土日だからかしら?」
と日曜日も動かないので手動でTLにブログ更新を流していましたが、
週明けの月曜日にも動きません…



こらこら!



そこでTwitterfeedを使ってみました。

今のところ、サクサク動いています。



いろいろ頼むよ!(笑)





Bloggerを使う上で、お勧めのものがあったら、教えてくださいね。










きゅうりとみょうがのなます








みょうがをたくさんいただいたので、、きゅうりとみょうがのなますを作ることにしました。









みょうがはたっぷり入れましょう。














冷たく冷やして、味がなじんだらできあがり。







summer vegetables marinade with Japanese style










2013-08-19

れんこん入りしゃきしゃき鶏つくねばーぐ

event_note8月 19, 2013 forumNo comments










れんこんをたくさんいただいたので、鶏ミンチと合わせてみました。











叩きたかったのに硬かったので粗く刻んだれんこん、
鶏ミンチ、
卵、
片栗粉、
日本酒、
塩、
しそ
をいれてよく混ぜます。











形を整え、焼きます。
お弁当にも入れようという魂胆があるので、小さく作っています。












途中、ふたをして中までしっかり火を通します。















出来上がり。

私はポン酢をつけて食べました。
七味をかけてもいいかも。
お弁当には甘辛くたれをからめるといいかもしれません。

れんこんのしゃきしゃきした食感が楽しい、
あっさりした一品でした。






福島の桃 2013








今年もコォが福島から桃を送ってくれました。

なにが嬉しかったって、
去年みたい
「送っても大丈夫?」
と聞かれなかったこと!



桃は香り高く甘かったです。




2013-08-18

足のかたちくっきり






7月の半ばに買ったBIRKENSTOCKのBaliですが、
1カ月でソールにこんなに足のかたちが残りました。

ビルケンはもう1足持っていますが、
サンダルではないので素足ではいたことはありませんでした。

今回、初めての素足体験で、すっごく気持ちよくてびっくり!!

水に弱い、ということでTevaのハリケーンも買いましたが、
がしがしはいて、足になじませていこうと思います。


素敵よ、私のバディ!






BIRKENSTOCK Bali, my buddies!






アジの甘酢づけ







釣りに行ったお隣さんからアジをいただきました。

しごをしながら、どうやって食べようか考えて、甘酢づけにすることにしました。



※しごをする
今回の場合は「魚をさばく」の意の広島弁






 


紫玉ねぎとともに漬け込み、冷蔵庫で冷やしました。






fish (horse mackerel) and purple onion marinade

2013-08-17

キュートでがんばり屋さんからいろいろ学ぶ







以前から「行こう!」と言っていたオカマバーに友達に連れて行ってもらいました。

Yママがとてもキュートでがんばり屋さんだと聞いていましたが、その通りでした。




話の始まりは、私の女子力が低下する一方なので、
女性より女子力の高いYママに、おしゃれをメインに学びに行こう。
ということでした。


でも、私が学んだのはもっと違うことでした。

「オカマだから毒舌で」
と話しながら、
飲み物に気を配り、
「私、ほったらかされているわ!」
と思わせない感じで話しかけ、
私のような初心者にはソフトに接し、
笑わせながらも、
伝票チェックはしっかり!



努力を見せずにさりげなく、細やかな心遣い。


仕事に対しても、
男性に対しても、
腰が据わっていなくて、
「わがまま言いたい」が多くて…

と自分を省みていろいろ反省。



仕事とプライベートは違う。

というのもあるとは思いますが、
それでも「心構えの基礎」についてなにか学んだような気がします。


まだしっかりと言語化できない状態ですが、
まとまったらまた書いていきたいと思います。






「あたし、のっぺりした顔立ちだからアイホールなんてないもん!」
と言っちゃうくらいのキリエですからね。

ママがほかのコへメイクしているのを見て、
「わからない!わからない!」
じゃなくて、
「わかろうとする努力を私はしているの?!」
とお化粧に関しては猛反省。

こってりメイクはしなくても、
「もうちょっとなにかあるじゃろう!」
というポイントが抜けていると思われるので、
ここはがんばる!







「SITE-場所の記憶、場所の力-」展  広島市現代美術館






「アート・アーチ・ひろしま2013」のうちのひとつ、
広島市現代美術館の「SITE」展を見に行きました。



イサム・ノグチの平和大橋のデザイン図もあって興味深かったのですが、
私が一番気になったのは、
原爆死没者慰霊碑(模)
でした。

ぽってりころんとしたフォルムの慰霊碑。

もしこれが採用されて、平和公園にあったらどうなんだろう。
と想像しました。

今の慰霊碑は、「なるほど」という、真面目で昭和な感じのデザインですが、
ノグチのはちょっと違います。

年配の方には受け入れにくかったかもしれません。
でも、この色あせないデザイン。
そして見ているこちらの心はほっこりする感じ。

戦争や原爆の悲惨さ悲しみを伝えるには今のもののほうがいいかもしれません。
しかし、鎮魂という意味ではどうだろう。

ノグチの慰霊碑を見ながら
「安らかに眠ってください
過ちは
繰返しませぬから」
の碑文も変わっていたかもしれないなぁ。

そんなことを考えながら、ほかの作品も見ていきました。






「巻く 戻す」
というフィルムの作品がありました。
なかなか面白かった。
これは説明するより、実際に見ないと伝わりにくいかも。








* * * * * * * * * * * *


ほかには常設展は「SITE Ⅱ」として作品が集めてあったり、
岡本太郎の「明日の神話」の原画が展示してあったり、
「なつのかくれが」という、空気をいれるとドーム型になる布があり、
複数人用のでっかいのや一人用の中くらいのや飾り用(?)のちっちゃいのがあって、
実際に入ることができたり
(これはすっごい楽しかったです。特に一人用はテントみたいでわくわくが止まりません)しました。


常設展と「なつのかくれが」は写真撮影OKでした。
しかしブログやTwitter, Facebookなどwebでの公開は禁止でした。

「作品である」ということと、
賛否両論あると思いますが、
写真に撮ったら見せたいなぁ。
と思うのです。

広島県立美術館では、撮影OK、web公開OKのものを展示していることが最近多いです。

Twitterでもブログでも、検索すると同じような写真でいっぱいでしたが、
それを見た人が
「自分も行ってみようかな」
と思うようです。



もっと現美に人が来るといいなぁ。



と思いながら、比治山から下りました。








 ■SITE : Places of Memories, Spaces with Potential (@Hiroshima City Museum of Contemporary Art)




2013-08-16

夏にはビールと焼き鳥だ!






凍るほど冷えたジョッキに注がれたビール。











次々運ばれてくる焼き串と揚げ串。




ヒカリコと夏を満喫してきました。

焼き鳥も串揚げも味つけもほどよく、うまうまでした。



 How about enjoying cold beer and yakitori (char-broiled chicken) in summer?







このしいたけもどうだい?

ジューシーでした!


 Shitake mashrooms were crisp on the outside and juicy in the middle.





夏の思い出  まずは熱中症から

event_note8月 16, 2013 forumNo comments







このブログを始める前。
そう、前のブログのことですが、更新していませんでした。

理由はいくつかありましたが、最大は「暑い」。

私の部屋にはエアコンがなく(エアコンの中に長時間いるとからだがつらくなるのです)、
いろんなことが滞っていました。

ブログも「涼しくなったら書こう」と思っていたんですね。




しかし、広島みなと夢花火大会に行ったあと、夏風邪をひいてしまい、
そのあと、仕事から帰るとひどいめまいと吐き気に襲われました。

そのときは、とにかく気分が悪く、
また病院にいかなくちゃならないのか、
それとも更年期障害とかそういうものなのかしら、と不安にもなりました。

 後日、それがどうやら熱中症らしいということがわかり、
ほっとしたと同時に、家族にも似たような症状を訴える人が現れたので、
居間にあるエアコンを夕方から夜にかけての数時間つけるようにしました。

するとからだがラクですね。
びっくりしました!





しばらくはからだがしゃんとしませんでした。


そのときにBloggerのことを知って、ごそごそと動き出し、今に至る。
というわけです。




なので、書いていなくて書きたいことがいっぱいたまっています。

そこで、深夜3時台のこの投稿は「夏の思い出」と称して、
これまでためていた「2013年のキリエの夏」をそっと更新していこうと思います。




これからのことは多分、午前6時台に更新していくつもりです。



もうひとつ言うと、夕方6時台は私が撮った写真の紹介です。

絵日記みたいなものが好きなので、
大体ブログには内容に合ってようがいまいが、写真を載せます。
でも記事と写真の枚数が合わないこともあるので、
写真だけでもアップしようと思いました。


ちなみにInstagram( @salaky )もやっているので、見たことがある写真もあると思いますが、
いろんなところでご披露したいので、
よろしくお願いします。





こんな感じで、夏の思い出シリーズが始まります。



 

2013-08-15

鎮魂

event_note8月 15, 2013 forumNo comments





心静かに







■本日の写真

縮景園の被爆イチョウ


a picture of bombed ginkgo tree in Shukkeien Japanese Garden in Hiroshima.



2013-08-14

iPhoneからの投稿テスト

event_note8月 14, 2013 forumNo comments
 iPhoneからの投稿テストです。

私は写真の下に文章が載せたいのですが、うまくいきません。
いろいろやりたいことがすんなりとはいきませんね。

あとはIFTTTを導入してみたので、ブログを更新したことがTwitterに流れるかどうかのテストも兼ねています。

ほかにもBloggerでやりたいけど、知識がなくてうまくいかないことがたくさんあるので、あとでまとめてみようと思います。
どなたかお勧めのサイトや方法があったら、教えてください。


写真は缶ビール唐竹割り。

冷蔵庫のチルドルームで数日放置していたら缶が破裂していました。
缶の中身は凍ったノンアルビールです。


うーん、iPhoneからの入力もなかなか難しいな。
日本語への対応がやはりスムーズではない印象を覚えます。








◼追記

IFTTTは素早い仕事をしてくれました。
ありがとう!


Welcome to my blog!

event_note8月 14, 2013 forumNo comments







こんにちは、キリエです。

このたび、いろいろ考えて新しいブログサービスでブログを書くことにしました。
「お引っ越し」なのですが、インポート・エクスポートができないようなので、
以前のブログはそのまま残しておこうと思います。

Bloggerはまだ不慣れですが、
自分にとって心地よい場所になるといいな、と思っています。

よろしくお願いします。



Kyrie



■Kyrie's Style (キリエの以前のブログ)→ ★










Hello!

Welcome to my blog!

I start writting my blog here.
I hope I sometimes write it in English.

Thank you :)

Kyrie










[追記] Sep. 15, 2013

上の Kyrie's Style のリンクを切り、
右のサイドバーにある「ページ」の"Old blog"も非表示にしました。

この古いブログの記事をお引っ越ししており、混乱を避けるためにも、
終わったものから削除しています。

完全にお引っ越しが終わるには時間がかかりそうですが、
少しずつやっていきます。

古い記事はLinkWithinにも反映されないようなので、
リンクをしっかり貼ろうと思います。
たまには「アーカイブ」をのぞいてみてくださいね。






説明しよう! by キリエ

event_note8月 14, 2013 forumNo comments











ただいま、2013年9月1日(日)23:28です。

でも投稿する日は2013年8月14日なの。
その理由を説明させてね。


いろいろハプニングがありながら、このBloggerで8月14日からブログを書いていて、
WordPressに行こうかしら、とも考えましたが、
やっぱり、今の私には向いていない、と思い、
このまま続行することに、今はしました。

WordPressがいいか、
WordPress.comがいいか、
このまま継続がいいかすっごく考えたんだけど、
上で述べたとおり。

そのときにいろんなブログや意見を調べて読んでいたの。


飛び出してみてアメブロの「記事を読ませる工夫」「つながる工夫」に気づいて感心しました。


一方でインポートはできるけど、エクスポートができないのは
なんだか息がつまりそう。

そして放置したブログはどうなるのかと思うと、
なんだか気になって仕方ありません。




「やっぱり手元に置いておくべきだ!」
と思い、FC2ブログを経由して、MovableType2Bloggerを使いBloggerに1035記事連れてきちゃった!

画像も、崩れたけどコメントもいっしょに持ってきて、
それは楽だったんだけど、
日付が大変なことに!
(1035記事がすべてインポートした9月1日になってるの!!)

それに、リンクもやり直しだし、
誤字脱字も直したいし。

中身はできるだけ手つかずがいいな。
「その時の私」
だもんね!


というわけで、これから少しずつ、昔の記事を手入れして公開していくことになります。

この記事の前のものまでが、アメブロで書いていたブログです。
(ラベルにamebloをつけようと思います)

次の
「Welcome to my blog!」
からが、Bloggerに来てからの記事ね。




大変な作業だとは思いますが、
すごくほっとしています。

嬉しいな。

離れ離れになっていた人とまた一緒にいられる感覚に似ています。





こんな時間を行ったり来たりするタイムトラベラーみたいな記事でごめんなさい。

これからもよろしくね!




Kyrie












2013-08-13

おしらせ 

event_note8月 13, 2013 forumNo comments






注)この記事は2013年9月14日にアメブロに投稿したものです。

アメブロとGoogle Bloggerの記事が混じらないようにするために、8月13日に投稿します。






 

このブログを残しておくつもりでしたが、
人が住まないおうちがさびれるように、
まるで「天空の城ラピュタ」のように主がいないのに機械で機能しているのは、
とてもつらくて、
やっぱり新しいブログに連れていくことにしました。

記事が重複してしまうので、移した記事から削除し、
最終的にこのブログも削除しようと考えています。

新しいブログでも日々のことについて書いています。
遊びにきてね!


キリエの新しいブログ  Turquoise and Pierce



love,

Kyrie





















■追記  2014.1.5.


2013年9月1日にアメブロの記事をGoogle Bloggerにすべて移してきて、
ようやく記事を全部Bloggerで公開することができました。




写真をjpgからpngに変えて貼り直し、
リンクを貼り直し、
投稿した日付、時間、タグをやり直し、
文字を大きくする。


これらをひとつずつやっていくのはとても大変なことでした。

しんどかった頃の記事もどんどんでてきて、
追体験したり思い出したりするのも
なかなかつらかったです。

でも、こうした作業は今の私が次のステップに進むためには必要なことであり、
面白いことでもありました。



 全部で1037もアメブロで記事を書いていました。

「まぁ、こがぁによう書いたのぅ」
と自分で呆れながらもなんだか誇らしく思います。
本当に書くのが好きなんだなぁ、と改めて思いました。



アメブロのときのように、ペタやいいね!といった
「コメントしていないけれど読んだからね!」
というしるしがないのが寂しいですが、
シンプルですっきりいられる、
という理由でGoogle Bloggerを選びました。

これから、このブログを中心に置いて、いろんなところに出かけていきたいと思います。
(コメントもね!)



 人生の棚卸作業が終わり、ぴかぴかに脱皮したキリエをこれからもよろしくお願いします。
 

invitation

event_note8月 13, 2013 forumNo comments








注)この記事は2013年8月16日にアメブロに書きました。








こんにちは。お久しぶりです、キリエです。



さて、夏風邪をひいたあと熱中症にもなり、
暑さにやられてブログを書く気になれませんでした。


そんな中、かねてからずっと考えていたことを再び考え始めました。


それはブログタイトルを変えることと、
ブログサービスを変えることでした。




ブログタイトルは、再びここで書き始めたとき、変えるつもりでした。

モレスキンにいろいろあーでもないこーでもない、と書いて、
ようやく「お」と思えるものに出会えたのです。



そうこうしていると気になるブログサービスがありました。
以前、使ったことがあるのですが、
日本語のサービスが充実していなかったのと、
使い心地がすごく悪くて、
少し試しただけで止めてしまいました。

しかし、私がブログでしたいことの最低限はなんとかなりそうだ、
と、また試してみることにしました。



そう、今回はその新しいブログへの招待状なのです。



まだまだやりたいことが全部できているわけではありませんが、
少しずつ手をくわえていきたいと思っています。



よかったら遊びに来てくださいね。




キリエの新しいブログ → 







アメブロもわかりやすかったし、
ブログデザインが豊富だったし、
好きでした。

しかし最近のSNS化やゲームの過剰な感じ。

そして私がスマホユーザーになり、
アメーバのアプリの使いにくいことこの上なし!

(タップしていないのに、すぐに宣伝ページが開く、とか。笑)

ブログも内容より広告が目立つ感じ。
無料なので、ある程度は仕方ない、と思っていますが、
うーむ、これはなかなか…



こういったことが、自分の中ですごくストレスになっていて、
自分でヘッダーを変えたりしてはいたのですが、
どうにもたまらなくなってきました。


あとは海外の友達がやっぱり、読みにくそうだったのです。
日本語がわからないとなおさら、ね。


こういったことで、ブログサービスを変えることにしました。




以前の私なら、このブログもサクッと削除してしまうところですが、
「3年は続ける」を決めたのと、
このブログには愛情を注ぎ育ててきた!
という思いが強いので、もちろんこのまま残しておきます。



新しいブログでもほかのブログサービスの更新状況がわかるので、
また遊びにきますね!




では、みなさま、またどこかで!




Kyrie








2013-08-03

cocktail

event_note8月 03, 2013 forum2 comments





背伸びがしたかった。

バーでひとりでお酒を楽しんで、
それも1杯か2杯飲んで、
粋に去る、というのに憧れた。



あとは、なじみのバーがあって、
自分のちょっとした隠れ家みたいなところを持つ、とか。





マティーニは大人の象徴。
けれど、一度もおいしいと思ったことがない。



気になるけど、飲んだことがないのはアブサン。
きっと「太陽と月に背いて」で知ったので、背徳の味がしそうなイメージがあって。




憧れてるのはコスモポリタン。
私にあっているような、
しかしあっていたらそれはそれで寂しくて悲しいような、意味。
そのことばを名に持つカクテルを飲むなんてゾクゾクする。

ひとりでモレスキンなんて広げて、ストレンジャー気分で飲みたい。



あたしはよそもの。
すぐに立ち去ってしまう者。






2013-08-02

発熱

event_note8月 02, 2013 forumNo comments









調子が悪いのには気づいていた。

なんだかくらくらしてたまらなくなって、熱を計ると37.7℃。

平熱が36℃ないので、結構つらかった。



気分が悪いのに、薬が効くとすごく空腹なのに気づく。





5月末から2人分の仕事をやっていて、
ちょっと疲れると、
以前手術したところや打撲した個所が鈍くいたんでいた。




暑いのに冷たいものをまったく受けつけなくなった。






とにかく水分を吸収して、
あっつい生姜湯を飲んで、
首にタオル、
お腹にはらまきして、
薬飲んで。





やっと熱が下がってきた。





そして、少しまとまった休みがある。





ほっとする。






2013-08-01

名入れ マゼンダモレスキン








昼間からビールを飲み
げらげらに酔ったままふらりと入った文房具店で、
モレスキンの名入れ無料サービスをやっていたので、
つい勢いで、
「名前を入れてもらってもっとかわいいモレスキンにしてかわいがるんだ!」
と、お願いすることにしました。




まだ夏モレも使い始めたばかりだし、
方眼でたくさん書けるのでなかなか使いきらないだろうし、
次は衝動買いした白モレがいて、それもいっぱい書ける方眼なので、
いつになったら名入れモレスキンが使えるのかしら…と心配になってきましたが、
もしかしたら春かもしれないし、
カラーの中でマゼンダとイエローが一番に気になっていたので、マゼンダにしました。



下の名前を感じとローマ字で入れてもらうことにしました。







私のホントの名前も最後に「エ」がつくので、そこだけ写真で披露。

随分つつましやかに入っているので、
最初はどこに入っているのかあまりよくわかりませんでした。






カメラは英介。
iPhoneはういろう。

ものに名前をつけたり、自分の名前を書いたりすると、
そのものに対する愛が深くなるような気がします。


きっとマゼンダモレスキンも私の素敵なバディになるはず!