2012-11-30

「世界でいちばんお姫さま月間」終了






キリエのお誕生月も終わり。
よって「世界でいちばんお姫さま月間」も終了。


この1カ月もいろいろあったなぁ。
みなさん、ありがとう。




が。
思ったより、「わがまま&甘えたさん」はしなかった。

物足りん!!




というわけで、12月も「わがまま&甘えたさん」は続行!








あ。
私が一方的にわがままを言ったり甘えたりしているように見えますが、
私もわがままを聞いたり、
甘えられたりしてますよ。

ご心配なく。









■ 本日の写真

今年はサクラの紅葉に目を奪われることが多かったです。
この黄色から赤になる間って、なんて素敵なのかしら。
どの1枚もきれいで、どれも写真に撮りたくてまいりました。
(先に進めない! 笑)


   

ファインダーとフィルムを巻くレバー








その違和感はちょっと前から感じていたような気がする。
が、それがなんだかはっきりとわからなかった。




違和感、というか、物足りなさ、というか。






私の歴史の中で、デジカメの歴史よりフィルムカメラの歴史のほうが長い。

いいカメラを持っていたわけじゃないけど。









これだったんだよ。

私の違和感。物足りなさ。





ファインダー。

カメラののぞき窓。

そこから見えるものと実際の現像で出てくる写真のギャップ。
いやになるけど。
視力が落ちて、今ではもっと見えなくなっているだろうけれど。

でも、なんだかとってもファインダーをのぞいて写真が撮りたいんだ。








それから、シャッターを切って、次の写真を撮るときにいじるシャッターを巻くレバー。

シャッター音も機械で作ったそれらしい音、じゃなくて、
きちんとシャッターを切った!という、
カメラの中で、なにかしらの機械が動いている微かな振動を手応えを感じながら聞く音。

そして、親指で操作するレバー。

自分としてはすっごくいいものが撮れそう!というときに、
フィルムを巻いていなくてシャッターが切れなかったときは、
枕草子にも出てくる、
「イライラすること」のひとつ、
お裁縫のときに、糸の端に玉結びをしていなかったとき、に似ている。








こんなことを感じながら、
英介やういろうで写真を撮る私。





次にまーおに会う機会があったら、
フィルムを1本買って持って行くので、
キリエにさわらせてもいいフィルムのカメラを持たせてもらえないか、聞いてみよう。





ファインダーをのぞき、
フィルムを巻きながら撮る写真は、
英介たちと撮る写真と同じかしら?違うかしら?









■ 本日の命名

私の新しい相棒iPhone5ですが、
桜色のかわいいカバーをつけたのにもかかわらず、
その色味から
「ういろうみたい」
と言ってしまったのが、頭にこびりつき、
先日、PCにつないでiTunesと同期させるにあたり、
「お名前は?」と問われたため、
つい
「ういろう」
と入力してしまいました。

よって、あたしのiPhone5の名前は「ういろう」に決定しました!
ぱちぱちぱち!



「ういろうを同期しています」

「ういろうを取り外す準備ができました」

という表示は脱力して、よいです。


   

2012-11-29

カメラの呪文






英介のことで、
「なんでよう!
あたいが撮りたいのは、こんなのよう!!」
と叫んでいますが、
写真のセンセェ方がいろいろ教えてくださいます。


が。

例の呪文が・・・

カメラの専門用語が・・・

あたいを苦しめる・・・





「呪文がわからないの。えへ♪」
と言ってる場合じゃない。
せっかく教えてくださってるのに。



なので、英介本「女子カメラ特別編集 Nikon1の新しいかわいいのかたち」を読んでみる。

ほぇ~

初めて読んだときより、わかることが増えている!





教えていただいた「デジカメ撮影のネタ帳」も読んでみる。
まだ途中だけど、全然わからない、ということはない。





なんか、いいんじゃない?







くふふ。






こうやって、ちょっとずつ覚えていけるといいな。










今、やりたいことは、
「シャッタースピード」を操って、
「流れる水」を撮ってみたいな。





■ 本日の写真

濃い黄色のドームの下にいるような木でした。

このときは手ぶれしまくって、難しかったなぁ。







■ 本日のお願い

センセェ、まだまだ「は?その呪文なに?」というやる気を疑う発言も多々しますが、
よかったらまた助言してください。



   

2012-11-28

広島ドリミネーション






広島市内の年末のイルミネーション「広島ドリミネーション」が今年も始まりました。

評判はそんなによくはないのですが、
やっぱりちょっと気になって、見にいってしまいます。



今年は英介と一緒で、
またあれこれいじりながら写真を撮っていました。






でも・・

やっぱり写真よりデートしたいなぁ。

なーんて思っていました。





「夢の国」のような幻想的な写真が撮りたかったのに、
なかなかうまくいかないな~!






   

2012-11-27






iPhone5のカメラで写真を撮るようになって、
ますます気になってきたのが、自分の手だ。




「手と首には年齢が出る」というのは、ホントのようだし、
もともと身体全体的に乾燥が強いし、
仕事で日に当たり、水と砂と泥と紙その他を使うのでがさがさになりやすい。



iPhoneのカメラだと
片手で撮影しやすいので、
ものを持って写すことが多くなった。
そのときの自分の手のがさがさしわしわ具合にぐったりしてしまう。

気にして、いつもよりマメにクリームなんかを塗り込んでみるけれど、
そう簡単には改善されないし、
iPhoneのカメラ、性能が結構いいのだ。
写さなくてもいい細部までくっきり写してくれる。






もともと私の手に対して、ちょっとコンプレックスがある。
細めで指が長めなので、ぐっさんに「ニホンザルのような手」と言われ、
(TVの動物番組でニホンザルの手が映ると、ホント他人の手には思えない!)
左手の小指は剥離骨折をしたあと、薬指にぴったりつくこともなく、
もともと手のひらはしわしわしてるし(手相を一度見てもらいたい)、
男性ホルモンが多い「薬指のほうが人差し指より長い」手だし・・



と、いろいろぐちゃぐちゃ書いたけど、
この手を、
「かわいいなぁ」
と、なでてかわいがってくれる人が私のダーリンだといいな、と切に思う。






私はものぐさで不器用だが、
手は働きモノだと思うよ、うん。





   

2012-11-26

いっぱいいっぱいありがとう






11月25日。


無事にお誕生日を迎えました。


このブログを初めて丸2年。
3年目に入りもしました。





お誕生日を過ごすのが、すごく苦手で
やっぱり今年も荒んでいたのですが、
たくさんのメッセージと
あたたかなプレゼントをもらい、
キリエは大変嬉しく思っています。







ブログも、浮草のようにすぐにどこかへ行ってしまう私ですが、
「短くとも3年は1つのところに居続ける」ことを目標にし、
やっと2年が経ちました。


アメブロが更新されるたびに
自分が気に入っていたサービスが使いづらくなっていくのと、
やっぱり海外からでもアクセスしやすいブログサービスへの関心は高いままなので、
ちょっとふらふらとしてしまうのですが、
それでもここで知り合えた人たちとの縁を切るのが忍びなくて、
継続しています。








ひょろひょろしている私ですが、
これからもよろしくお願いします。

イイ子なんかにならずに、吼えていくからね!

(あ、おしゃれブログなのに!)









■ 本日のご紹介

せっかくなので、ぷれじぇんとを紹介。

トップの写真は、RUSHの石けん。
キラキラしていてキレイ。
宝石みたい。
どんな使い心地かな。
楽しみ!









ノームとエンジェルのステッカー。

私が「モレスキンに貼るステッカーをちょうだい!」とリクエストしていたので。

真ん中のちびのミィとミムラ姉さんのハガキは、なんだかかわいいね。
ミィの毒気がありません。ぷぷぷ。












いつも一番心配と手をかけている母が準備してくれた誕生日ケーキ。

いつもありがとうございます。

もっと素直になれたらいいのにね。










もうひとつ、素敵なカードをいただいたのですが、これは秘密、にしちゃいます。
濃厚ピンクで甘く、
でもビターで、
ちょっと小悪魔ぽくて危険。

うふふ。
キリエのイメージ?
(「違うと思う」と下さった人の声がしそう)





   

2012-11-25

英介と9カ月








ちょうど9カ月前、私は英介と過ごすことを決めた。



2500枚




一緒に撮ったざっくりの写真。

ええ、レンズキャップに慣れてなくて、
キャップをしたままシャッターを切ったのも入ってますよ。






まだまだだけど。

重いとかなんだとか文句も言うけど。



あたしたち、いいコンビだよね。







iPhone5のカメラも思った以上によかったけど、
やっぱり、
「撮りたい!」
と思ったときに使いたいのは英介だ。






これからもよろしくね。







誕生日なので、なんだか言ってみたくなったの。








■ 本日の写真

瀬戸内の小さな港








■ 本日の相談

英介も裸族ですが、カバーっているのかしら?

リュックに放りこむときには裏地のついたコットンのきんちゃくに入れているのですが・・ 
ダメ?




   

Happy birthday to me!








Thank you for everything...





   

2012-11-24

compass









特殊な液に浮かんでいる方位磁針は曇って、
方角を示さない。




私はどちらに行けばいいのかわからない。






   

2012-11-23

一蘭









博多の流儀を勉強しに、一蘭に行ってきたよ!





ここのラーメン屋さんは、
麺のゆで方や、
こってり具合、
秘伝のタレの有無、
葱の有無および種類、
など、いろいろ選択できて
「自分の好みのラーメン」に仕上げることができます。




なにより話題になっているのは、
カウンター席のみ。
お隣さんとは仕切りがあるため、たとえ複数で行っても「個」。

注文やラーメンの出し入れは、
目の前の窓(?)からされるため、
お店の人の顔も見えません。






席につくと、
例の選択にチェックをいれる用紙があり、
ラーメンが来るとすだれが下ろされ、
「とにかくラーメンに集中せよ!」
の配慮のもと、黙々と食べます。



極細の麺。

塩辛くなく、私も好き。

あとは・・好みになっていると思うので、おのおので。





噂の替え玉は今回試さず。








すだれの向こうは結構騒がしくて、
見えない分
「どうなっとるんじゃろう・・!!」
と好奇心を刺激されて、
ラーメンに集中できませんでした。











■ 本日の教訓

一蘭に行くときは、荷物はすべてポケットに!



細長いつくりなので、
でかいリュックや買い物をした紙袋、
英介にiPhoneに上着、くびまき、帽子・・
と荷物がいっぱいだと、他のお客さんにぶつかってご迷惑をかけました。






   

2012-11-22

グラタン









お料理作戦の第一弾は、自分が食べたいグラタンにしました。


けれど、材料をきちんとそろえてなくて
(買い忘れや、冷蔵庫にあると思っていたものがなかった)
少々残念なことに。



そして、火を消したつもりが、小さいのがついていて、
ぱさついてしまいました。




ぐったり。







おまけに母と連絡がうまくつかず、
食べるものがかぶってしまい
グラタンはちょっとしか食べなかった、
という、いろいろ残念なことに・・。





いやいや、キリエはこれでめげませんよ。


料理も数こなさなくちゃね!






次に作りたいものは決まっているのさ。












■ 本日のうっかり屋さん

ああ、あたいはばったり屋さんじゃないのね・・

(チェブラーシカはばったり(倒れ)屋さん、という意)




「もうPCに移したから、このデータいらないや」
とグラタンの写真データを華麗にデリート。



なので、この写真はiPhoneのものです。






最近、写真関係は行き詰っているわね。





もっと無邪気になればいいんじゃないかな、オレ!








   

2012-11-21

免許更新







自動車の助手席大好きなので、
もちろん優良ドライバーのキリエは、さっくり免許更新をすませました。



が!

なんで、広島の免許センターってこんなところにあるの!!

どうだい、この景色!

朝7:40におうちを出て、
免許をさくさく更新して、
最速で街に戻ったのが
お昼の12:00すぎだよ、キミぃ~!
(バス使用。一部高速走行)





本当はこの日に宮島に行きたかったのに、
なんだかへろへろして、
街なかですます用事を済ませていました。






そして、初めてICチップ入りの免許証をもらいました。

気になっていた写真も許せる範囲。

だってさ~。

髪は
「まとめようとしちゃいけない」、
「チェブラーシカで狩りに行って秋味」なんだもん。









あ。
最近、助手席乗ってないな~。

ドライブに連れてってくださいな。





   

2012-11-20

お料理作戦 序章 ~台所をきれいにする~







先日の占いを受ける前から、
「最近、料理を最初から最後まで作ったことがない」
と気づき、
「これはヤバいかも」
となんとなく、思い始めていた。


家族が作ったものを温めて食卓に並べる、とか
すっごーくたまにチャーハンを作る、とか
たまーに後片づけをする、とか
気が向いたときにパンを焼く、とか
そんな感じ。



作ることはできるけど、
なにごともやらないと腕はなまってくるし、
なんだかなー
ちょっとなー
と、思っていた矢先だったから、
占いの9こあるポイントのうち、
2つに「料理」が出たときには苦笑した。



神さまはわかっていらっしゃる。






それもただ料理をするのではなくて、
その作ったものを大勢の人とワイワイ楽しく食べる、のがいいらしい。

それから、包丁を研ぐこと。











母がいるときにはなんとなく、台所は母の領域っぽいので、
チャンスをうかがい(?)、
手始めに流しを中心に台所を年末大掃除並みに掃除した(あくまでも当社比)。






これでやっとスタート地点に立てた気分。


















でさぁ。

男性性と女性性の融合とかバランスが出たんだけど、
どうやっても男性性のほうが優位なのよね。

なので女性性強化がいるみたいなの。


これまたねぇ。

あまりにがさつ者でもいかんなー。

と思い始めてたことだから、ほんっとうに苦笑!!








あ。性による役割分担じゃないからね。

父性も母性も両方必要、って話。






あたし、父性が強いのよねぇ・・


しみじみ。









というわけで、料理開始。


とはいえ、毎日のご飯を任せられると困るので、
なにか一品を作る、ことにしたよ。







よろしくね!










   

2012-11-19

宮島で紅葉狩り









安芸の宮島といえば「もみじ」。



なんとなく、「宮島に紅葉狩りに行きたいな」と初秋から思っていたので、行ってきました。





人の流れとは逆にまずはうぐいす歩道という自然散策道を歩きました。

まだ紅葉していないモミジもたくさんありましたが、
人も少なく、
のんびりと歩けました。




が。

今回撮った写真はなんとなく白っぽいの・・



あうあうあう



ホワイトバランス?



露出は動かすけど、
WBはオートだよう。



この作業に疲れてきている。

あたし、「趣味は写真です」って言っちゃいけないわぁ。

「趣味はスナップ写真です」、ならいいかなぁ。





小1時間の森林浴は楽しかったのですが、
紅葉の名所、その名も「紅葉谷公園」には、もう人ひとひと!!




人も多いし、
子ども連れも多いし、
だからバギーもいっぱいだし、
わんこもいっぱいいた!



「下界に下りてきた」、というのがぴったりだった。






紅葉谷公園の紅葉はうぐいす歩道より随分、進んでいたよ。

冒頭の写真は、紅葉谷公園のもの。





写真より本物のほうがきれいだったわ。

おまけに英介よりiPhoneで撮ったほうがキレイとくらぁ!

(キリエ、やさぐれています)






お天気がいいときの光の扱い方が下手なんだわ、きっと。









まぁ、そんなこんなだったけど、
たっぷりマイナスイオンを浴び、
いっぱい歩いて楽しかった紅葉狩りでした。










■ 本日のつぶやき

お手数はかけるでしょうが、
「センセェ、こんなとき、どこをどういぢればいいんでしょうか?
キリエ、もっと紅を深くしてシャープに撮りたいです」

「今回は葉っぱを青空に透かして、クリアだけど甘い紅にしたいです」

と聞けるセンセェがほしかったです(爆)。








■ 本日の食いっぱぐれ

いや~!
人がいっぱい、というだけあって、お食事処がもう満席!

ご飯のことだけで、1時間半以上もさまよったわ!

ちょっとくらい待つくらいなら、動かない!

どこかでお弁当を買って持っていく!(天気がよく、気温もほどよくあれば)

早めに食べて、島に渡る!



これから宮島に行く人は、なにか対策を立ててね!

ただし、お弁当などを食べようと思っている人は、鹿に注意!
襲われるぞ!
そして、人間の食べ物をやらないでね。












結局、お店に入ってちゃんと食べずに、
いろいろ買い食いをしてなんとなくすませちゃった。

そのうちのカキフライと宮島ビール。

カキフライはちょっと待っただけあって、揚げたてあちあち!

じゃけど・・
味はまだまだこれからよ!!





   

2012-11-18

iPhone5のカバー






メタルボディのシャープな感触は好きでしたが、
いかんせん、いつ
つるんっ
としてしまわないか、ひやひやしてまして。




ガンちゃんに相談したり、
ネットで調べたりしていましたが、
LOFTに行くと大量にありました。


ネットでも「いいな」と思っていたカバーが、やっぱり一番ひかれたので、それにしました。

ホントはラインストーンなんかでキラキラさせたかったのですが、
この雰囲気には、ギラギラになりそうで、
桜の蒔絵シールを貼ることにしました。

シール売り場でしゃがみこんで、
「この柄をここへやって、
こっちは切り離して、こうやって」
とやっていたのはキリエです。



ストラップホールもあったので、
ケータイにつけていたものをそのままつけ替えました。
これでキラキラはOK!



天井眠りネコも健在です。







さすが、つるつるの金属より手に適度な抵抗が生まれ、
つるんっ率が下がったような気がします。










■ 本日の材料








「染」シリーズの「桜」と
蒔絵シール「華かんざし」を使用。




ねぇねぇ。

この「桜」ってさぁ




外郎みたいじゃない?

色味が。



   

2012-11-17

iCloudとInstagramと蜷川実花





iCloudを導入。

iPhoneで撮った写真がどんどんPCにたまっていくので、
PCでブログを更新するにも、
こんなふうにできるんだ。

すってき~!!



これまでケータイで撮った写真は一度、
ケータイからPCへメールで添付して、
それをDLして、
んでもってリサイズして、
ほんで使用してたから、面倒で!



ふふふ。

これから、万が一英介が一緒にいなくても、
楽々にiPhoneで撮った写真を使ってブログが書けるよ!





あ。
英介、妬いたらやだよ。








■ 本日の写真

モデル:ひつじのアメリ




蜷川実花さんのカメラアプリで、赤いバラの花びらを飛ばしてみました。
色味の加工のほかに、
蜷川さんの「赤」「青」そして、金魚などのフレーム(?)などで遊ぶことができます。

どれにしようか考えて、
やはり、「蜷川レッド」を選択。

のんびりアメリが「情熱のカルメン・アメリ」に変身よ!




いつか自撮り写真で遊んでみたい。




   

2012-11-16

Instagram






スマホにしたら使いたかったのが、
Instagramというカメラアプリでした。



気軽に投稿できるみたいだったし、
手軽に「LIKE!」ボタン押せるし、コメントも書けるし。



写真の加工はあまり関心がないのだけれど、
でもいっぱいあるね。





早速、導入。

数日かけて、自分がしたいことができるようになってきました。







慣れていないのは、真四角のフォトフレーム。

Instagramで撮影すると、すぐに投稿しないといけないので、
iPhoneのカメラで撮影した写真を
Instagramで投稿することにしたのですが、
長方形の写真を真四角にトリミング(?)。



これがなかなか曲者。



どこを切り取るか、考えることも多いです。





これはいっぱい撮影して、いっぱい投稿して、慣れるしかない。









「素敵だな」と思った写真に対して
「いいですね」とコメを入れるのはちょっとしんどいけど、
「LIKE!」ボタンはいいな。

気に入った。




Flickrでしたかったこともできるかな。







KyrieのInstagramの写真 → 

※PCで閲覧できます。








■ 本日の写真

ピンクのモンブラン 赤いバラの花びら飾り






   

2012-11-15

バーガーと誕生日







誕生日が近づくと、バーガーのクーポン券が届く。





あたしは機会を見つけて、食べに行く。








「おうちでのご飯」がしっかりしていて、
「今日はご飯いらない」
と母親に言うのがとてもいけないことだった期間が長くて、
「外でハンバーガーを食べる」
ことはあたしにとって、
「小さな反抗」であり、
「小さな自立」だった。



家を出ることを決心したときも、
バーガーにかぶりつき、
普段は飲まないコーラを飲み、
ノートに「家出計画」を書きつけていた。








今は外でご飯を食べることにもそんなに縛りがなく、
「がんばって家を出る」ことを考えていないので、
ゆっくりとバーガーを食べたけど、
あの「反逆の味」を懐かしく思い出した。







   

2012-11-14

ちびのミィのマスキングテープ







ユウコとぐっさんからのBDプレゼントの中にいましたよ、
ちびのミィのマスキングテープが。




ムーミンシリーズの中で、
スナフキンの次に大好きなのがちびのミィ!

2人は私の中で僅差なの。




3本セットで、かわいくてちょっと抑えた色味。



これを見たとき、
「モレスキンがちびのミィノートブックにできるわ」
と思いました。








ほぼ日手帳は1年間持ち歩くので、
ただでさえ重いのに、
いろいろ貼りつけて重くなるのが嫌で
ちょっとしか貼りつけていませんでした。


カズンにも、遠慮がちに。





でも、モレスキンは「脱皮ノートブック」。

使って自分が成長したら、
新しい皮になるように
新しいノートブックをおろすのです。

多少重くなってもへっちゃら!





なので、べたべた貼りまくろう、と考えているんだ。


ふふふ♪





   

2012-11-13

ピント








ピントがね、合わないの!

どうよ、この立派なカマキリ!



が、ピントが合わず!


「近づきすぎ!」
というツッコミはさておき。

うん、多分、レンズを替えたほうがいいと思う。



それでも、ですよ。

目的のものにピントが合わないときはどうすればいいのじゃ?





こういうとき、iPhone5のカメラは
ピントをあわしたいところにタップすればいいじゃん。



「ああ!
英介にほしい機能はこれよ、これ!!!」
と心の中で叫びました。






レンズが適正じゃないと、
とにかく無理なのかなぁ。







カメラ修行は続く。








   

2012-11-12

モザイク






タイルを並べて、目地でとめる
モザイク飾りを作りました。



限られた時間だったので、
どんなふうにタイルを並べようか、悩む悩む。




四角いタイルで、
かくかくしたデザインの人が多かったので、
なんとか曲線を作りだしたかったけど、
小さな作品なので、
できませんでした。




時間を気にせずに、もっと考えたかったなぁ。



すっごく楽しかったです。







余ったタイルは持ち帰ったので、なにか作りたいな。

目地は扱いが難しそうだけど、
鏡に貼りつけていくってどうかな?







恋愛だなんだ!
といってる割に、鏡がショボくて、
ちょっとカッコわるいかしら?




なので、自分の好きな鏡がほしいの。








   

2012-11-11

iPhone5 イヤフォンジャックのねこ





「ちょっと早いけど」
とユウコとぐっさんがお誕生日のプレゼントをくれた。





その中にいたのが、このニャンコのイヤフォンジャック。





私が「iPhoneにするー! するー!!」
と言っていたので、
随分前から準備していてくれたらしい。






が。


そうなの!

4S以前は上部にあったイヤフォンジャックが
5からまさかの下部に!!





にゃんこは天井に貼りついているように寝てます。





そして、充電をするコネクタの差し込み口をふさいじゃうんだ、こいつ!




あ、ここにもほこりが入らないように守ってくれてるの?









■ 本日の相談

私のiPhoneは液晶保護フィルムは貼りましたが、裸族!



バディの美しさを堪能したいのですが、
落下と破損はまぬがれたい!!



というわけで、カバーを探しています。


でも、いっぱいありすぎて選べないよう!



そこで相談です。

カバーにもいろいろ種類があるのね。




ソフトとかハードとかソフトシェル(?)とか。

どのタイプがお勧めですか?





とにかく「破損から守れ!!」が第一目的。





ええ、素敵なボディラインはたまに脱がせて楽しむわ。
ナイショでね。





お願いします。








   

2012-11-10

栗の和菓子





私は甘いものをそんなに食べませんが、
トウコが好きなので、
京都ではいつになく和菓子を食べました。

季節柄、栗やおいもを使ったり、柿をかたどっていたりしたものが多かったです。




甘いあんこが苦手なんですが、
今回食べた栗の和菓子は、ほんのり甘くて、栗本来の味もたのしめました。

どうも、栗というとしっかり甘い、というイメージがあったので、新鮮。



お抹茶もこんなに飲まないなぁ。







■ 本日の写真

老松さんの栗のお菓子。

コロンとして削ぎ落した潔いデザイン。素敵。






   

2012-11-09

初めてiPhoneからブログを書く




書いてみる。
写真も載せてみる。

iPhoneでの入力は難しい、と聞いていた。
「指が太いから大変なのよ」
と言っていた人に何人か会ったけど、これ、あたし、そんなに太くないのに隣のキーをたたいていて、いらいらしちゃう!

いや~、すごいわぁ‼

   

music










京都で泊ったカプセルホテルは静かだった。




トウコと別れてひとり旅になった私は、
久しぶりに訪れた「ひとりの時間」に浸りながら、
狭い「自分の空間」に閉じこもっていた。

居心地はそんなによくないのだけれど、
ひとりで外に出る元気も、
ラウンジでビールを飲む元気もなかった。





普段の生活でも
"No music, no life!"
ではないけど、
ひとりになる時間があるときには旅行にiPod nanoを持って行くようになった。



しんとした空間で聞く音楽は、
普段の聞き方では拾えていない音までよく聞こえて、びっくりする。




曲の出だしも
「こんなの、知らないし。
なんの曲だ?」
と思っていたら、知った音楽だった。







音楽を聞きながら、
荷物の整理をし、
翌日の予定をざっくりと立てる。




合理的に動く、のが苦手で、
気づいたことから取りかかってしまうので、
やり残しも多く
時間もかかってしまうのだけど、
自分が好きなように行動する。







たまに外からのごそごそという音がするが、
静まり返った空間。







自分の中には声と音が響く。







声ってなんて大事なんだろう。










ひとりで眠れない夜にはiPodで音楽を聞いていると
やがて安心したように眠っていく。






その日の夜もそうやって寝た。











■ 本日の写真

京都御所 紫宸殿




初めて
「右近の橘 左近の桜」
を見た。




   

2012-11-08

iPhone5 翻弄







昨夜、iPhone5を連れて帰ってからが大変じゃった。


キリエ、これからおらぶでよ。




(Apple社の広島弁吹き替えの人気にあやかって、
今回は広島弁で書いてみるけぇ。
ほうじゃ、その吹き替えの人がアスキーで取材されとんと)








家電量販店で前に説明を聞いたときにゃあ、
店頭で操作方法を教えちゃるけぇ、
電話がかけれん、
メールが送れん、
ということはないですけぇ、
ゆーちゃったけぇ、安心しとったんじゃけど、
実際にゃあ、
おまけのことに時間をさいて、
肝心なことはちーとも教えてくれんかったんよ。



じゃけぇ、家に帰ったら、もう四苦八苦じゃ。




ずーっとツイートでおらびよったら、
見かねたガンちゃんがSkypeつないでくれて、
助けてくれたんよ。



こんときに、まずは電源の切り、入れと、
入力の仕方と、
大文字・小文字の切り替えを教わったわ。






じゃけど、なかなかこれまでのケータイの電話帳データを
サーバーに預けとって、
それが取りにいけんでおうじょうしたわ。


メールができんかったら、ほんま、困るけぇ、
あずってあずって、
ひとりで夜中の3時ちこうまでやって、
一旦寝てから、
今朝、ようやっと、自分がしたいような設定ができたけぇ、
「メアド変更メール」をぼちぼち送ったわ。







いんすたぐらむじゃ、
らいんじゃ、
ゆーもんはまだまだ先じゃ。







ガンちゃんにはたびたび助けられとるけぇ、
キリエ、尽くす女になって
来年、頃合いを見計らってなんかするけぇね!









広島弁にしたら、
かえって読みにくいのう・・



吹き替え動画に合わせて、ちょっとおじさまちっくな広島弁にしてみたんよ。
キリエが日常しゃべっとるのと、ちーと違うけぇね!







   

付きあってから変わっていく







既婚者のユウコとお話する機会があった。


最近の自分の流れなんかを話してると、
「最初から『完璧』じゃなくて、
付きあっていく過程でお互いが変わっていくんじゃない?」
ということを言われた。




お互いに好きだけど、
やっぱりわからないこともいっぱいで、
それをわかってほしくて、話し合っていくんじゃないか、って。




どうも、私は相手に「最初から完璧!」を望んでいるきらいがあるので、
「ふんふん」
と聞き入った。





「それって忍耐力、いるよね?」
と私。

「でも好きな人だから、わかってほしい」
とユウコ。






そうねぇ。







占いでは、「あっさりと諦めすぎ!」も出てた私。






そこ、かぁ。









あと、ユウコと話していて二人で感じたけど、
恋愛云々をおいといて、
私、もっといろんな人と会って話したほうがいいみたい。






よーし、会いにいっちゃうぞー!!










■ 本日の写真

京都 天龍寺






   

次回の旅の持参物







出発当日の未明、トウコからメールを受け取っていたのに、まったく気づきませんでしたが、
彼女から「那智大社の盃」を持ってくるように言われていました。





結局、持っていかなかったので、
日本酒は折りたたみカップで飲むことになったのですが、
「やっぱり雰囲気は大事ですから」
と言われ、
次回の旅の持参物は、
・折りたたみカップ
・ナイフ
・盃
とあいなりました。





ますます「どこでも宴会グッズ」じゃないですか!(笑)







ナイフですが、
これは早くから持ってくるように言われていたので、
すぐに取り出せないようにポーチに入れて持っていました。


ガイドブックから必要なページを切り取ったり、
濃厚トマトパンを薄くスライスするのに大活躍。


やっぱり、ナイフ、大事!







最近のワインって、コルクじゃなくて簡単にひねるだけで開く栓になっているけど、
コルクのワイン、好きなんだけどなぁ。









ああ、ボジョレーも今月ね。

どうなんでしょう?






   

悪戦苦闘でお知らせ






お店の人が
「この冊子の通りにすればいいですよ」
と言ったけど、
アドレス帳をもらってくるまでに幾多の山谷を乗り越えてきたのでしょう・・・



結局、まだメールできるところまでいっておりません・・




御用の方は、PC,Skype, その他、ありとあらゆる手段を用いて連絡してねー!!!




はぁぁぁぁ・・・


これかぁ・・・
噂に聞いていたぢごく・・・・







■ 本日の写真


京都文化博物館の中庭にいた「まゆまろ」。


もったいないお化けに似とる。






   

2012-11-07

【速報】iPhone5がやってきた!








iPhone 5 をついに迎えにいきました!

やってきたよ!




が、これからいろいろやるんです。

電話帳のなんとかとか、
AppleIDなんとかとか・・・




初スマホ!

初iPhone!




いろいろ緊張!







メアド変更のメールを順次送るつもりですが、
今週中に来なかった場合、
あらゆる手段を使って連絡ください。










ああ、大変そう・・・








着ボイス、向井理さんのがDLできるかなぁ。











■ 本日のお願い

iPhone 5を買ったら最初にしておいたほうがいいこと。

おすすめアプリ。

など、初心者キリエに教えてください。








■ 本日の写真

京都文化博物館。

旧日銀の建物なので、内部がモダン。
金庫室はコーヒーサロンとして使われています。






■ 本日のすまん!

iPhone 5の写真は明日以降撮る。

すまん、待ってくれ!






   

カメラ女子ポーズ






「カメラ女子」ということばが流行ったころ、
カメラ女子のブログを見にいったら、
多くがプロフィールの写真を
「でっかいカメラのファインダーをのぞくわたし」
っていうのにしていた。

そのスタイルも流行ってたんだと思う。




かならずカメラは縦に構えてさ。

だから顔が隠れていて。

髪や服装は写る、ってやつ。




「いーなー」と思ったけれど、
でっかいファインダーつき一眼を持つ予定はなかったので、
諦めていた。





最近、そういうプロフ写真を見なくなったし、
「自分のカメラで!」にこだわらなかったらいつか撮れるんじゃないか?
と思い始めてきた。


カメラをお借りして、
ファインダーをのぞくキリエ
も、ついでに撮っていただく、って寸法よ。



鏡に映った姿を撮っている人も多そうだったけど、
いや、やはりここは左右逆じゃないほうがいい。







でも、あてがないので、
京都でちょっと撮ってみた。

カーブミラーを使ったんだけど、
「ミラーがあるところも素敵だから、
場所がよくわかるように撮りたい!」
と思い、引いて撮ったら、
あたいがちびっちゃすぎてわかんなくなったわ!

ケータイ、スマホからでは判別できないかも!

ぱちょこん推奨ね!!








こんなの撮りながら、Nikon1 Jシリーズの兄弟で、Nikon1 Vシリーズならファインダーつきだったよなぁ、なんて考えていたあたし。







   

2012-11-06

彫り出す前の準備








占いを受けました。





「占い」というと、いろいろあるので、身構えてしまうのですが、
今回は警戒しなくてもいい人と状況だったので、
緊張は多少しましたが、楽しい経験でした。






カードを使うものでした。







えっとね。

木や石を前にした彫刻師の自分が、
どんな像が彫れるか、見極めている。
(「ガラスの仮面」かっ!)

像は見えてきているんだけれど、ちょっと曖昧で、
ホントにこれでいいのかな、
と立ち止まっている。


それをね。
カードを読んでもらうと、
その像がはっきりしてきて、
「あ、私がこうかなと思っていた像は、やっぱりこれじゃったんじゃ!」
とすごく納得した感じ。



見極めていたもの、とは、
最近、あたし、あがいているじゃん。

それについて考えたり、
京都をひとりでふらふらさまよっていたときになんとなく浮かんできたりしたものだったり。

そんなもの。





謎めいたことばを並べるわけでもなく、
アヤしい印鑑を作れと言われるわけでもなく、
占っていく過程で、自分が感じたことを素直に言うことができ。






すごく自分が満足して、
その日の夜は深く、質のよい眠りにつきました。




すごーい!








カードの中に、何度か出たきたのは、
料理や食事のこと。


包丁を研ぎ、
心をこめて料理を作り、
できあがった料理を多くの人とわいわいと楽しく食べる。

あるいは、食べることに集中して食べる。


これが出てきたとき、
「あ」
と思いました。





近頃、ほとんど料理をしていなくて、
「うーん、まずいなぁ」
と根拠もなくなんとなく感じていたの。

それから、家族と食事をする時間がずれて、
ひとりで食べることが多く、
そんなときにはケータイでTwitterを見ながら食べたり集中していないの。


食べること好きなくせに、
ひとりだとえらく杜撰で、
「自分をもてなす」気持ちもなく、
「これで自分を作っているんだ」という意識もなく。

ひとり暮らしのときのほうがしっかりしてたな。







ほかにもいろいろ聞いたけど、それは内緒。



これからまた、動きがあると思うよ。



また書くね。









まずはご飯を作る回数を増やそうかな。












木や石の中に見た、
「自分が彫り出す像」がはっきりした。

彫り出す前の準備完了。

これから少しずつ彫っていく。


私が見た像を取り出していく。









■ 本日の写真

京都御所の松。






   

「レンアイ滝修行」  杉浦さやか

Kyrie in Zephyrus-book







ご自分でもテレながらの杉浦さんの「レンアイ本」。

普段なら多分、図書館で借りて読むのですが、
やる気のキリエは、
「きちんと正面から向き合わねば」
と思い(ヘンなところが真面目)
購入しました。



本当に滝修行から始まるこのエッセイですが、
杉浦さんはいろいろな体験ののち
「結婚に対して具体的に考えていなかった」ことに気づき、
自分に向き合うことを始めます。


これまでの自分を振り返り、自分を客観的に見て、
パートナーになにを望むのかを考える。





ますます、親近感がわきます。





私もその作業をする時期になっていると強く感じる。




どきどき










神様

年に2度も凶をひいちゃうあたいですが、
がんばりますので、
素敵な人と引き合わせてください。

お願いします。






最後は神だのみ?!







うらやましかったのは、
石井ゆかりさんの星占いを受けていらしていたこと。

いーなー!!







■ 本日の写真

ネコのちょっと引いた視線が気になります。





   

自由に撮りたい






京都旅行の最初は雨模様だった。


嵐山の竹林に行くのを楽しみにしていたけれど、
ここでの雨の降り方はまずまずの雨量で、
薄暗い竹林の中、
カメラキャップをなくさないようにしながら、
雨に当てないようにしながら、
露出だのPだのAだのお任せだの
英介を操作するのは、正直疲れた。



ふとコンデジのSAKURAで撮っていたころを思い出して、
「なにも考えず、カメラにいろいろおまかせして、
ただシャッターが切りたいなぁ」
と思った。



英介はやっぱり重いし、
他にも荷物を担ぎ、
以前よりは厚着になっているので、
そんなことを考えたんだと思う。




この「薄暗さ」は、どうしたらいいのか自分でわかっていないので、
英介をいじってもいじっても
「よし!」
と思える写真が撮れなかったのも、
一層私をイライラさせた。




カメラに振り回されていない?






そんなことも考えた。




自分の目でよく見ることを忘れていない?









こういった問いは、きっとこれからもしていくね。






英介は黙々と仕事をし、私のそばにいてくれた。





ありがとう。











■ 本日の気づき

カメラを扱う人って、
ポッケがいっぱいついたベストみたいなのを着る人も多いじゃない?

あれ、なんでかと思ったけど、
なんとなくわかった気がした。

レンズキャップとか
換えのレンズとか
雨粒をふく布とか
とにかくいろんなものがいるし、
バズーカ砲みたいなカメラを持っている人は、
「カメラバッグ」のみを持っている、あるいは手ぶらなので、
お財布やスマホ、ケータイなど
全部がおさまる「全身ポッケ」が必要なんだ、きっと。


そして、おそらく同じような理由で釣りをする人も。





   

2012-11-05

Colours 10周年ステッカー








ローカルFM、っていうのかしら。

友達のオージが携わっているラジオ番組が見事10周年を迎え、
記念番組を放送したり、
記念ステッカープレゼントをしていたりしたので、
私も応募したら、当選しました。




3冊目のモレスキンに貼るつもり。
きっとポケットの黒、そしてスクエアドが似合うと思うんだ。

(まだ1冊も使っていないのに、この計画ってなんなんだ?!)







最近は時報代わりにしかラジオを聞かないけれど、
流し聞きをしていても、
結構いろんなことを自分の中に取りこんでいるのよね。






なーんにも知らない頃、
ラジオのパーソナリティに憧れたことがあったな。


ひとりでしゃべっている番組も好きだったけど、
男女ひとりずつのトークも好きだった。

要さんとキャシーのトークがよかったなあ。






今、ネットを使って疑似体験ができるんだけど、
「番組を作りこむ」
という作業をしないでいるから、
はちゃめちゃなんだけど。




でも、
「声って大事」
と思い知らされる。






そして、そうやって声だけでしか知らないのに、
話し手の深いところまで、見抜かれちゃうんだなぁ。







音声しかない世界の魔力。









■ 本日の助っ人

実はステッカーのほかにも、
恋愛本のプレゼントにも応募し、当たったの!

今、課題ですからね。

タイトルも「最終彼氏の見つけ方」ですから!



読んだんだけど、「ルールズ」を彷彿させて、苦笑。

読んだわあ、オレオといたときに。


そう、カメラと写真とカミーノと私の人生をちょっと変えるきっかけになった影響力がすっごくあった人だ。

そして、思い出すたびに自分がコントロールできなくなる。



が。

そろそろ、全体的に向き合う時が満ちてきたようなの。



彼のことだけじゃないけれど、
ざっと言って、この10余年のことの棚卸をする時期が迫っている気がする。




なので、このブログでも「昔話」をすることが増えると思うの。




吐き出すために書いていくから、関心がなければスルーしてね。









■ 追伸

オージへ

当たったよー!
ありがとうございます。

今月は聞きにいけるといいな。

いつかあなたの声が電波に乗って聞けますように。
楽しみにしています。





   

貫禄のついたArro 22







ARC'TERYXのArro22をデビューさせてから数日後に
京都旅行に行ったのですが、
まぁ、ハードに使う使う。

一度、使ったことがあったとはいえ、
「私の」Arro22とはまだつきあいは浅いので。



2泊3日の旅行で、後半の1日半はずっと全荷物を担いで回っていたけれど、
やっぱり、ハーネスなどがしっかりしているので、
身体への負担が全然違った。

よいバディだ。




傷もいったし、
白く汚れたところもできたけど、
こうやってますます「キリエの相棒」としてお互いに成長するのね。







■ 本日の写真

2時間サスペンス「京都 脾臓の虫殺人事件」





無造作に鴨川の草の上にArro22を置いたら、
脾臓の虫が白目をむいて横たわったのを見て、
思わずこのタイトルが浮かんだ。

脾臓の虫もしっくりとなじんでいる。


虫もバディね。よしよし。





   

2012-11-04

照れるな。







「えんむすび」のブログを書きながら、気づいたことがある。



あたし、照れ屋さんだ。








そんなことを思った日の夜見た夢で
私は自分の作品をほめてくれた人に照れて、
他の人に
そのほめた人の悪態をついていたの。



目が覚めて、苦笑い。





そうだなぁ。

以前は、「ありがとう」のことばも素直に受け取れず、
嬉しいくせに
「別に」
とむっとした表情で言ってた。





それから考えると、あたしもオトナになったね。







照れずに、素直になれたらいいな。










■ 本日の写真

京都 大覚寺。






   

一乗寺 恵文社






モレスキンを検索していたら、
同時に文房具のこともひっかかり、
文房具店や書店、雑貨屋もひっかかるわけで。



京都の本屋さんで気になった「一乗寺恵文社」に行ってきました。





店内は抑えめの落ち着いた雰囲気。
アヤしい古い本や
古き良き時代の本や
新刊や
キッチン用品、
文具・雑貨など。


私の「好き」とはちょっと違うけど、
ツボにはまったら、何時間でもいたいと思う。

カフェが併設してあったら、絶対長居するね、あたし!





なにか買いたいなぁ、と思っても、
なんだか、
「これよ、これこれぇぇぇ!!」
というものがなくて、
思わず、
「2冊目のモレスキン」を買ってしまいそうでした。

「いやいや、それは違うじゃろ!」
と思いとどまり、結局手ぶらでお店を出ました。





あのねぇ。

モレスキンってねぇ。

うちで見るとすごく小さく見えて、
こうやってお店で見るとでっかく見えるの。

すぐそばに比較する「ほぼ日手帳」があるかどうか、の違いなんだろうけど。




恵文社でも、モレスキンのポケットサイズを手に取って、
「ねぇ、あんた、こんなにおっきかったっけ?
見る場所によってさ、大きさ変えてない?」
と聞いちゃった。







   

2012-11-03

えんむすび






2012年の射手座は
これまで見えていても意識しなかったこと、あえてスルーしてきたことに取り組む、一年らしいのですが。


今年になって、私が苦手とし、これまで逃げていたことに、
問題解決にはいたらず、
十分でないこともあるけれど、
「正面から関わろうとした」ことは幾つかあり、
それは平年に比べると随分多いです。

例えば、

・父親のこと

・家族のこと

・女性であること

・人間関係

・自分のこと

・死んだ妹のこと

・自分の赤ちゃんのこと

などなど・・




そして最近浮上しているのが

・恋愛のこと

です。





女子校10年間の弊害(?)はでっかいよなー。
とひしひしと感じながら、
正面切って向き合ったことは、正直避けていました。


人を好きになるってなんだろう?

人を愛するってなんだろう?

頭で考えすぎかしら?


そのほかにも、自分の癖というか傾向というか・・そういったもの・・







照れてたり。

自分の嫌なところを見たくなかったり。

カッコつけで斜に構えてたり。





そんなことをしてる場合じゃないんじゃないか?

と、特にきっかけもなく、
突然思い始めました。


まぁ、何個かは「きっかけ」までにはいかないけれど、
小さなことはあったけど。

HDDに今までの写真をぶっこんでいないのは、
私とカメラと写真の間に登場する人物の中で、
すごく大きな存在でもあり、
思い出すだけで、自分の感情がコントロールできなくなるんじゃないか?
と思わせる人とのことを考えなくちゃいけない作業があるから。

そこに恋愛も大きく絡んでいるので。

カミーノでの作業がつらいものになったのも、
その人の存在も大きかったので。




とかね。








京都では、なにかしら「えんむすび」に関わることをしよう、と思っていました。

でも、一緒に行ったトウコったら、
「前にもやってなにもないってことは、縁がないんです。
諦めなさい」
なんて、ひどいこと言うんだよ!

やだーーー!
諦めないーーー!!




それで、清水寺での「凶」で、
そのあと八大神社での「末吉」だったけど、
内容的にはあまり救いのないもので。


実は「凶」より、そっちの「末吉」の内容のほうが落ち込んでしまって。






それから、いろいろとひとりで京都をふらふらしてたんだけど、
最後の最後で、
錦市場を三条から四条のほうへ向かって歩いていました。

すると、提灯がきらきらとひときわ明るい神社にぶつかりました。
なんだか華やかで、活気がありました。
錦市場自体がそんな雰囲気でしたが。



「あー、楽しそうだなぁ」
と思いました。

そして、「よし、ここだ!」と思ったのです。



錦天満宮でした。

「天満宮」ですから、菅原道真が祀られているので、
大体は「学問」の神様です。
あとは商売のようですね、土地柄として。

恋愛や縁結びにはあまり力の入っていないような。


でも、なんだか「ここだ!」と思ったので、
お参りをしてから、
「えんむすび」のピンクのお守りを買いました。

恥ずかしかったです。



買うとすぐ紙の袋に入れて渡されることが多いのですが、
こちらでは神主様(?)が
祝詞(だと思われる)を静かにとても小さな声で唱えてくださって、
「お願いします」という感じでお守りに頭を下げ、
そののちに袋に入れて渡してくださいました。

なんだか嬉しくなりました。




おみくじはひきませんでした。

だって、機械仕掛けの牛や獅子舞の獅子が選ぶんだもの。








今でも見るたびに気恥ずかしいですが、
それでも、
具体的になにかしようと決めてはいないものの、
「こういうことをしたんだぁ、あたし」
と、心のすみっこがほんわりしています。






けれど、やっぱり恥ずかしくて
「えんむすび、って、人との縁、ってことだし。
モレスキンつながりで人に会うつもりだしー」
と逃げそうになるのを
「いやいや。この場合は恋愛、でしょう?」
と自分を留めているのです。








   

2012-11-02

【速報】今年二度目の「凶」を京都でひきました!

Kyrie in Zephyrus-kyoto






では、京都旅行のことをちらほら。



今回の旅行は、前にも書いたけど、
内側に水が落ちていく感じだった。

いつもと違っていて、
自分でも少し戸惑っていますが、
面白い。うん。




時系列はばらばらで、
自分の中で色濃く残っているものから
つれづれに書いていこうと思います。





まずは、これさ!


今年二度目のおみくじの「凶」を「ザ・京都!」と言うべき清水寺でひいた!

どや!




行くつもりがなかったのに、
流れで清水さんに行くことになり、
ちょうどサンセットでいい感じの「秋のザ・京都!」を満喫していたのですが、
「よし、おみくじひこう!」
と思い立ち、ひいて開いたら、これでした。


思わず「きゃあああああああ!!!」と叫び、
一緒にいたトウコに見せました。




前回、今年6月の東京・高尾山で凶をひいたときも一緒にいたトウコもびっくりして、妙なテンションになってしまいました。





内容は、
才能があるけれど、それをもって世の中と交わるとうまくいかない。
待ち人来たらず。
たびたび危険なことに遭う。
などやっぱり、がっかりなことばかりでしたが、
最後に
「十中八九生きる」
これを読んだとき
「よしっ! これで大丈夫!!」
とすごく納得しました。



凶だったけど、
なんだか清々しい気分になっていました。

高尾山のときの落ち込みに比べたら、雲泥の差。





それにしても人生7回目。
今年2回目。




ある意味、くじ運強くない?











■ 本日の洛北






朝からなんだったので、
一乗寺の圓光寺のお庭。

ほんのり紅葉中。





もみじがたくさん植わっていたので、
季節まっさかりにいくとそれはそれは迫力ありそうでした。




   

2012-11-01

モレカウとたき火とあたたかい飲み物のはなし






モレカウとTwitter上で、
世界の果てと
たき火と
あたたかい飲み物と
内側と外側と象徴の話を聞くのが好き。



ダメだダメだ、と自分について言われていたことが
これでいいんだ。
と思えて、ぽかぽかしてきて、好き。




自分がどうふるまえばいいのか、
手がかりになっている。






■本日の川べり

京都・鴨川にて。

トウコとの旅行では恒例。
このたびは、鴨川のそばで、
高島屋で買ったお弁当を食べ、
日本酒を飲み、
紅茶を飲み、
チーザと堅あげポテトとトマトパンを食べ、
コーヒーを飲みました。




   

「おはよう!にっぽん」の手帳特集とモレスキンミーティングとNOTEBOOKERSのライターのこと






10月31日のNHK「おはよう!にっぽん」で手帳特集(5分間)があり、
モレカウも電話取材を受け、
NOTEBOOKERS.JPのサイトも出る、
というのを知り、見ました。




去年もこの時期になるとこういう特集やったな~、と
事前に出演するのを知らなかった
糸井ダーリンの登場を見ながら、思っていました。



そのときも、
PCやスマホなどデジタルでスケジュール管理をする人が増えている、
と思いきや、
手書きの手帳が売れている。
という内容だったような・・




これまでとちょっと違ったのは、
今まで「手帳はとても個人的なもの」という考えだったのに、
「手帳の見せあいっこ」(この、「見せあいっこ」という表現に笑ってしまった。
もうちょっとなかったのかしら!!)をして盛り上がる集まりも多く開催されている、
というのが加わったこと。


このことについて意見を求められた糸井ダーリンは、
「それぞれが自分の物語を持っていて、それを知ってほしい!という思いが強くなってるのではないか」
という内容のことを話していらっしゃいました。

ああ、やっぱり短いことばなのにどうして
「うんうん。そうそう」
ということをポン!と言えちゃうのかしら、糸井さんてば!



この「手帳を見せあう」ことについては、
モレカウもインタビューの中で話したようです。





この番組を見ながら、思ったの。

来年になったら、モレスキン・デビューするつもりじゃん、あたし。

そうしたら、堂々と「モレスキン・ミーティング(正しく複数人!)」が開催できるわけじゃん。

でも・・・





すでに書いたことあるけど、
私がモレスキンに書きたいことは、
「あたし自身」
と言っていいほどの、感情の渦だったり、アイディアだったり、日記あるいは日誌なので、
親しい人でも
「じっくり見せ合う」
ものではないようなのよ。


モレスキン・ミーティングでは、
「自分の作品集」のような、
あるいは
「他の人に見せてもよいように作った手帳」(例えば「旅ノート」のようなもの)じゃないものしか持っていない場合、
さて、どうしましょう?



と、考えて、止まってしまっていたの。






でも、ね。

なんとなく。


手帳の「外身」だけをちらちら見ながらでも、
お話できそうな気がしてきた。



NOTEBOOKERSのサイトの基本である、
「ノートブックを使う人が面白い」わけで、
「中身拝見」しなくても
「その人」とお話したらいいんだ、と。

「その人が持っている物語」について聞いて、
「私が持っている物語」を語ればいいんだ。



そう思ったら、なんだかすとんと腑に落ちた。




なので、やりたいなぁ。

どうしたらいいのか、実際にわかっていないので、
まずは全力少年さんに声をかけて、
最低「モレスキン・ミーティング in 広島(やっと2人)」を
スタバで開催してみてから、
そのあとを考えてみる、
っていうのがいいかな。
と勝手に考えている。

最初は2,3人くらいで。

場所はスタバ!
なんとなくなんだけど、スタバがいいの!(なんだこのヘンなこだわり)

15分で終わってもさ。
モレスキン・タワーかモレスキン・カーペットはしようね。



(全力少年さんに白羽の矢が刺さったのは、
「あったら行く!」
とおっしゃったような記憶があって。
色よいお返事お待ちしています。
が、キリエがモレスキン・デビューをするまで待て!)








こんな感じでちょっと肩の力が抜けたり、
モレカウの「NOTEBOOKERSのお題」の中に
「書く内容はノートブックにこだわらなくてもいい」
というようなことがあったような気がして、
少し気楽に考えられるような気がして、
募集がかかったら、
その内容をよく読んで、
そのときの自分の心に聞いてみよう。
と思ったのでした。






笑っちゃうかもしれないけれど、
「2013年 キリエの野望リスト」の中にはすでに、
「モレカウのように、モレスキンを通じてたくさんの人に会いに行く」ことも入ってるのさ!






■ 本日の写真

京都・一乗寺でのランチ。

今回の旅で頼りにしたほぼ日手帳と一緒に。




 


   

「世界で一番おひめさま月間」開始





今年も、誕生月を「世界で一番おひめさま月間」とします!



わがままも甘えんぼも好き放題!




プレゼントのリュックはすでに買っている!

(しかし、実際には「誕生日だから」「ご褒美に」と買い物はしない。
ほしいときに買えたら買う!)






こんなにフリーダムに過ごしていますが、
ちょっとは我慢しすぎることもあるので、
せっかくのお誕生日の頃くらい
自分を甘やかすことにしています。

もちろん、他の人にも甘えさせてもらうんだよ。




さて、どんな1カ月になるかな?



楽しみ!






■ 本日の写真

ラ・シャンブル スウィーツコレクションのキラキラ砂糖入れ。



   

霜月






11月って、
誕生色も
誕生石も
誕生花も
なんか地味で、
いっつもふくれてたわ。




でも、ね。

くふふふ。