上田宗箇 武将茶人の世界展






ひろしま美術館の「上田宗箇展」を見にいきました。


千利休から発達した茶の道が
武将の中で
戦乱の世と「傾き(かぶき)」を通して変化していく様が面白かったです。


広島では「上田宗箇流」というお茶の流派があり、
縮景園も上田さんが最初に作庭しました。

でも、彼のことはよく知らなくて、
このたび初めて名古屋出身だとか
武将としての上田さんとか
織部とのやり取りがあったなどを知りました。




お茶を習ったことはありませんが、
こういうものを見ると背筋がぴんとします。

お武家さまのお茶なら、なおのこと。




器は私の好みではありませんでした。



チケットにも印刷された羽織は
南蛮渡来の赤い布に日本の波の柄、
皮で縁取りをされていました。

こうした感じのほうが、私は関心が高かったです。




コメント