2011-03-31

3月を振り返って




なんという一か月だったんでしょう。


プライベートでも
仕事でも
そして自然界でも
大きなできごとが次から次へと息をつく暇もないほど起こりました。



長い長い一か月でした。



写真は月初めに
用事があって帰ってきた弟たちと一緒に食べたカレー。

支店もありますが、
本店のほうのナンやカレーのほうがおいしかったです。

このカレーも3月中に食べただなんて思えないくらいに、
遠く遠く感じます。




   

2011-03-30

もちゃ~っっ





家族の誕生日だったので、
ケーキを買いにいきました。

どれにしようかぐるりと見て回ると、
目を奪われたのは、この二つ!!


ユーハイムの3月のコラボレーションケーキ「ハーメルンの笛吹き男」より、

・ネズミの大行進

・ネコの脱走

です。


見た目もかわいらしいし、
中もいろいろな味のものがたくさん仕込まれていて、
食べるとそれがハーモニーを奏で、
とっても幸せな気持ちになれました。





弟に写メで送ると、

「もちゃ~っ!!」

とメールで叫んでいました。






もちゃ~っ!!


好きだわあ♪







   

2011-03-29

しだれ桜




ソメイヨシノはまだ静かなのに、
しだれ桜はほんのり開花。



通りがかるたびに、
心が桜色になります。



お花見したいなぁ。






   

2011-03-28

休日のたびに




休日のたびに、体調を崩して寝込んでいます。


今回は、前日が家族の誕生日で、
おいしいものをたっぷり食べたせいか、
食べ合わせが悪かったのか、
疲れがたまっているのが気が緩んでしまったのか・・・。


ええ、書きましょう。
おしゃれブログなんですけど・・・。

オートくんとゲーリィくんが同時に遊びにきたのです。

これまでもこの二人が一緒に遊びに来ることはたまにあったのですが、
半日も寝ていたら、
良くなっていたのです。


しかし、今回は二人とも長居をしました。

特にゲーリィくんの滞在時間ときたら・・・!!



3週間前から入れていた予定もキャンセルし、
とにかく横になって、
「うわっ」と思ったらトイレに駆けつける、
ということを繰り返していました。

白湯を飲んでも吐き気がくるし、
トイレにも呼ばれる。

洗面台で口をゆすいで顔を上げると、
これまでに見たことのない青い顔をした私がいて、
びっくりしました。



ものをほとんど食べず、
体温がなかなかあがらないのでこたつでがたがたしながら、
「お腹は空いているんだけどなぁ。
こうやって、
お腹は空いているのに、食べられないことってあったなぁ・・」
といろいろ思い出していました。


で、思い当ったのは、自家中毒でした。
子どもの頃、しょっちゅうやっていました。

でも、これは子どもの病気だと聞いていたので、
ヴォノに、
「大人になっても、自家中毒ってあるの?」
と聞いたら、
「自律神経失調症、になるんじゃないかなぁ?」
という答えでした。

ナルホド。

診断はされたことはありませんが、
緊張しやすかったり、
新しい環境になかなかなじめなかったり、
どこかへたれなところがあるので、
そういうものは持っているだろなぁ、とは常々思っていました。




震災の前、
仕事の上とは言え、
「おまえはいらない」
「死ね」
と言われたり、
蹴られたり殴られたりして、
ひどく落ち込んでいました。

(こう書くとすごいですが・・・。
子どもが相手で、
こういうことにへこたれていたら、
多分、勤まらない仕事なんだと思います。
ただ、程度がひどすぎて、
他のスタッフも困惑するくらいでした・・)


人とのコミュニケーションも薄くなって、
いろんなことが滞って、
気分転換の休日は寝込む、
ということが続いていました。

自分でも
「ああ、心が風邪をひいているなぁ」
と感じました。



そして震災が起こりました。

被災しませんでしたが、
連日24時間状態で震災の報道が流れました。

釘づけになりました。

これ以上見ると、
自分が倒れてしまう、
というのを感じながら、
悪魔に魅入られたようにテレビやネット放送を見ていました。



自分の中になにかが溜まっていって、
それが吐き出せずにいました。





それで、今に至る・・・という感じです。


自分の中にいろいろ溜めすぎて、
うまく吐き出せず
それこそ「自家中毒」なんでしょうね。




ここに書こうかどうしようか、
ちょっぴり迷いましたが、
「ガス抜き」をしようと思い、
書くことにしました。




素敵な春らしい写真や
かわいらしくて、
「もちゃ~っ!!」
と叫んでしまいそうになる写真も撮っています。

近いうちに、お見せしたいと思います。

待っててね♪





■ 本日の写真

石垣島で食べた、ゆし豆腐のせ石垣そば。

ゆし豆腐というのは、「おぼろ豆腐」のようなもの。
石垣のおそばもよくダシのきいた澄んだお汁でいただくものです。

胃腸が弱っているので、
こういうやさしいものが食べたいなぁ・・、と思いました。


ちなみに今夜はうどんを食べる予定です。







   

2011-03-25

止める





なんだか
中身が弱っている。



その上に外身は激しく鋭い。




というわけで、止まっていました。





いろいろな活動を止めると、
自分の内側のエネルギーのうごめきをいつもより感じる。

直接わかる、というより、
皮膚の下を通る血管の血液の流れを触って知る、
という感じ。






まだ中身は弱ったままなので、
しばらく止まっていると思う。





   

2011-03-22

どんな気分ですか?







「どんな気分ですか?」




昼下がりの美容院。
マリオが私にそう聞いた。






「どんな髪型にしますか?」
なら、美容院では聞きなれたことば。
でも、「どんな気分?」だなんて、
わくわくしちゃう!








そろそろ髪を切りにいきたいなぁ、と思っていたけれど、
地震があって、
「こんなときに・・」という思いもあった。


しかし、元気なところが「いつも通りの生活」をしたほうがいい、と思ったのと、
連日の地震情報過多で、
自分も少々まいっていたので、
初めて電話で予約して髪を切りにいった。






今回は、
「がんがん切ってくれ!
冒険に出かけるんだから!」
という勢いではなく、
「整える感じのおとなしめに」
と告げた。


マリオは私の髪を櫛で梳かし様子を見ながら、
妙な間をあける。


「まとまる・・というのは・・・
キリエさんの髪からすると難しいというか・・」




私の左側に妙に長い一房の髪を作ることで
バランスを取っていることを説明し、
「こいつは偉大なんです。
こいつがいるから、他のくせは
『そんなこと小さくて問題なし!』
と思わせるくらいの大きなくせが出ているところなんです」
とマリオは言う。


その一房、というのは、
勝手に「縦カール」になっちゃう、という
なんともかわいらしいやつなの。






「それにキリエさんの性格上も、
『きれいにまとめる』というのは・・・」




きゃははは!!
わかっていらっしゃる!






というわけで、
左側の一房を強調して偉大さを増し、
全体はマッシュルームのような重い丸いカーブをつくる髪型となった。








マリオとも興味深い話をし、
ルイージとも興味深い話をした。






最後にルイージ特製の柑橘類のマーマレードのお湯割りを飲みながら、
おしゃべりをしていた。






というわけで、すごくのんびりしていたら、
なんと美容院にカットだけで3時間もいた。






これまで、ストレートをかけると4時間かかっていたので、
美容院に行くのが嫌になっていたのに、
あっという間だった。












そのときの気分で髪を作ってもらう、だなんて、
とっても素敵!






できたら、毎回髪型を変えたい。
それがあまりわからない変化でも。




「あなたの髪はこうだから、
これしか向きません」


と言われて続けていた私には、とっても嬉しいこと!














■ 本日の写真


こちらは非常にまとまったカラス。
とても人懐っこくて、
私たちがビーチにいる間中、
ずっとそばにいた。


小浜島のビーチにわざわざビールを持ちこんで、
波を見ながら飲んだ。






   

2011-03-21

スーパームーン





19日の満月は、
スーパームーンと呼ばれる大きな月でした。

地球にとても接近したために、
いつもの14%大きく見え、
いつもの30%明るかったそうです。


私も外に出て、大きな月を見ました。


ずっと月明かりを浴びていたいような、
そんな月でした。





■ 本日の写真

夜明け前の月。
黒い島は西表島。

雲のかたまりの中で
雷がきらめいているのが見えました。






   

2011-03-20

チャリティを断ったらだめですか?





何かをしたい。

東北関東大震災の被害を見て、
そう思う人も少なくないと思います。

自分がどうするか。
考えました。



知り合いから、自分たちのグループが
イベントやグッズ販売などを通じて募金や物品を募ることにしたので、
キリエもどうか?
とお誘いが来ました。


募金をする団体がはっきりしていなかったこと。

グッズを販売すると、グッズにお金がかかるので、
私はそれより、モノを介入させずにお金を直接募金をしたいと思ったこと。

あちこちに募金をするのではなく、
一つの団体に募金して、「まとまったお金」を作るのがいいのではないか、
と、糸井ダーリンの文章を読んで考えたこと。



結果、この人の活動にはあまり賛同できなかったので、
お誘いをお断りしました。

気分を害されたようなお返事が返ってきました。







自分たちもがんばっているから、
あなたもがんばって。


これは、なんだか違うような気がします。








それから、「チャリティ」とか「献金」とか、
そういったものをするかどうか。
「善意」が含まれるものは誘われると断りにくいものです。



「断る」選択肢もあるお誘いがいいなぁ、と思いました。



それから、献金をするかどうかも、
個人の自由でいいと思います。

「寄付しないから、あの人はひどい!」
という風潮がなければいいなぁ、と思います。










   

2011-03-19

かけることば





なにか言いたくて。

なにか声をかけたくて。

でも、ぴったりのことばが見つからず、
そのまま黙ってしまうことが続いています。




ありきたりのことばでも、
なにかを伝えたい、と思いますが、
私は「かけないことば」を持っています。



それは、
「がんばれ」
です。



いくつかのことがあって、
私はがんばることをやめました。

この感覚は説明しづらかったり、
ことばを足せば足すほどややこしくなるので、
これ以上は今は書きません。




自分がやりたいときにしっかりやるので、
それは私の中では「がんばっている」ことではないのです。



同じように、
その人がやりたいときにしっかりやればいいと思うので、
こちらから
「がんばれ」
とは言わないようにしているのです。



それに、
私が「がんばれ」と言われると、
なんだか疲れてしまいます。

「え?! もっと?」
という気持ちと、
「自分でなんとかしんさい」
と突き放された感じがして、
ちょっと苦手です。




それじゃあ、私はなんと言っているかというと、
「しっかりね」
です。


腹や腰にぐっと力を入れて、
真ん中をしっかりさせてね。

という感じです。


倒れないようにする。
心構えをする。

なにか「覚悟を決める」っぽいけれども、
それはまぁ、
いろいろです。




なんだか、
「ことばって難しいなぁ」
と思うことが多く、
反対に、
響くことばにたくさんであって、
泣けてきたことも多かったです。



自分が求めていることばを
誰かが言ってくれたとき、
とても嬉しく思います。





魔女でエッセイストのキリエですが、
ことばに無頓着すぎるのかなぁ、
とも思いました。




そんな感じです。







■ 本日の写真

小浜島(沖縄)のだれかのおうちの屋根の上のシーサー。

かつて、自分のお部屋を沖縄色にしようと思ったことがあったなぁ。






   

2011-03-18

今こそアメリエ





アメリエ

私が去年の12月にヴォノに3本、自分に1本編んだマフラーの名前。




今、ヴォノも計画停電の生活をしています。
寒気がやってきて、
室内でも上着を着て過ごしているそうです。

アメリエは常時まきまき。



ああ、本当にアメリエを編んで送ってよかった・・・、
と改めて思いました。







■ 本日の写真

プラトン装飾美術館(神戸)のお庭にいるトラ・・それともライオン・・?

どことなくかわいらしい顔です。






   

2011-03-17

したいことをする




「こんなときだから・・」

と、いろいろ控えることが多いです。



けれども、「いつもの生活」をし、「いつもの経済活動」もできるところはしたほうがいいかも、
と思ってきました。


必要なものは買うし、
髪もそろそろ切ろうかな、と思っていたので、
そういったことをしたいと思います。




■ 本日の写真

ドラマ「ちゅらさん」で
小さなエリィが「フミヤくん、結婚しよーねぇ!!」と
去っていく船を追いかけながら
涙ながらにプロポーズした防波堤。








   

2011-03-16

HEART STATION





これまでの私を振り返ると、
なんだか
「人と人の間に立って、仲介する」
という役割をすることが多かったなぁ、と思う。


私を介して連絡を取ったり、
私を介して行事をこなしたり、
私の「中間な」「曖昧な」「どっちともつかずの」立場に
ちらりとつぶやく人がいたり。



最近、そういう「つなげる」ことを求められることが
ちょっと増えてきている。



今年はどうやら
コミュニケーションだの、
つながりだの、
人との関わりだの、
そういうことがテーマの年らしいけれど、
本当にそうだなぁ。



そんな場所に名前がつけたくて、
ふと浮かんだのが、
宇多田ヒカルさんの
「HEART STATION」
でした。

なのでそのまま、私が人とつながったり、
私を介して誰かと何かとをつながっていく場所に名づけたいと思います。



「私の声が聞こえてますか?」



この歌詞が私の中で響いています。







■ 本日の写真


小浜島(沖縄)にて。

台風通過直後のハイビスカス・・・それともアカバナー?
それとも地元のことばでは違うのかしら?

ちょっとくったりしていますが、
花があるところだけキリッと鮮やかな赤が魅力的でした。




   

2011-03-15

メール



アンからもメールが届きました。

彼女は英語があまり得意ではないのに、
一生懸命、
そしてなんと書いていいのか迷ったようなメールでした。


それでも、彼女からのメールはとてもうれしかったです。



一方で彼女はタルの「最期のこと」をゆだねられています。
今の彼女の気持ちはどうなんだろう、と心配になりました。





   

肩の力を抜く




昨日、
「もしかしたらキリエがへにょへにょしてるんじゃないか」
と心配したお友達が声をかけてくれたので、
ちょっとおしゃべりをしてきました。


どうも私は緊張しやすいらしく、
普段から肩の力がなかなか抜けないので、
とても貴重な時間でした。



同じように肩の力が抜けなくてへにょへにょになっている人も多いと思います。
そのときに、
音楽を聴いたり、
ちょっとお酒を飲んだり、
自分の楽しみの世界にひたったりすることを
「こんな時なのに!!」
と言われない「余裕」があるといいなぁ、と思いました。





   

2011-03-13

ことば




いろいろ考えて、行動しようと思っています。

しかし、ひとりで考えていても
どこで「判断を下す」のかとても難しいことがたくさんあります。


その中で、私が一番自分にしっくりきて得心がいったのは、
糸井重里さんのツイートでした。

彼のことばで安心することもあり、
また自分の行動を決定する判断基準にもなっています。


またロンドンブーツ1号2号の田村淳さんのツイートも力強いものでした。


糸井さんも田村さんも
自分ができることを探し、
自分で考えて行動していました。



田村さんもほぼ日社員なので、
明日のほぼ日のミーティングに出席するようです。



私がもやもやしてことばにできない何かが出てくるかもしれない、と期待しています。



一方でそれに頼りすぎず、
自分のできることを自分で考えていこうと思っています。




   

ホワイト・デー




東京のお友達からお菓子が届いた。

驚いてよく見たら、「ホワイト・デー」のプレゼントだった。


コーヒーを飲みながら本を読むのが好きな彼に、
スタバのチケットつきのカードを
バレンタインに送ったからだ。



地震が起こった翌日、
彼からも連絡があり、
無事を知ることができた。



日付を見ると、
お菓子は3月11日に送られていた。

それを見て、キュッと切なくなってしまった。




「ありがとう」のメールを送ったが、
彼からお返事はまだない。



少しずつ大切に食べていこうと思う。







■ 本日の写真

小浜島(沖縄)。

かつてあったNHKの朝の連ドラ「ちゅらさん」に出てきた
「民宿 こはぐら荘」として使われた民家。

個人のおうちなので、
外から写真を撮るのはいいけれど、
お庭に入ったり、見学するのはなし、と看板が出ていた。







   

「いつも」があること




2011年3月11日の夕方。

同僚の方が「大きな地震が起こった!」とご家族から電話があったのが
私がこの地震のことを知った最初でした。

自分のケータイにもヴォノから無事を知らせるメールが入っていましたが、
そのときはまだ、ことの大きさに気づいていませんでした。

7時半すぎ、自宅に帰り、TVで今回の地震、そして津波のことを目の当たりにし、
初めてなにが起こって、
ヴォノがメールをくれたのかがわかりました。


それからはTVに釘付けでした。
夜遅く、ヴォノが少し無理をして電話をしてくれました。
JRが止まったために、家に帰れないので職場に泊まることや、
どんな揺れがあって、
どんなことをしていたか、
少し話を聞きました。



それから落ち着かない時間がゆっくりと過ぎ、
私は自分で何ができるかを考えていました。


まずはTwitterへのツイートを控えました。
私の友達や知り合いにはとりあえず連絡がついたので、
「必要な情報」が流れてしまわないようにしようと思ったからでした。


そして、「何もしないこと、時期が来るのを待つことも私にできることだ」と思い、
じっとしていました。





広島は地震の直接的な被害がなく、
30cmの津波が来たくらいでした。

ヴォノは私のことを気にしていて、
もし何かあった場合、
私が元気でいられるように、
生き延びられるようにいくつかアドバイスをしました。


国際的にもこのニュースは駆け抜けているようで、
タルからもメールが届きました。


私は、「私が今までのように、落ち着いて暮らしていることが
彼らを安心させることにつながるかも」と思いました。




それから、
「あそこに行けば、いつものあれがある」という安心感があることも知りました。



なので、私はどうしようか迷い考えていましたが、
自分のブログをいつものように
自分の写真と文章で更新していくことにしました。



「いつものKyrieはここにいますよ」






あともう一つ。
私もヴォノのことが気がかりで、
ちょっと一人では抱えきれないこともあります。

これまでならばツイートで「ガス抜き」をしていたのですが、
Twitterの更新はできるだけしないようにしているので、
たまるばかりです。

なので、このブログを私のツイートの代わりに更新しよう、とも決めました。



これまでより、
短い記事がたくさん更新されたら、
そういうことだと思ってください。





最後に。

私が今一番したいこと。

それは無事とはわかっているものの、
ヴォノに直接会ってハグしたいです。

離れているということは、なんて不安なんだろう!
と今回、しみじみと思いました。






■ 本日の写真

小浜島(沖縄)にて。

朝日が昇るのを見よう、と友達と出かけたときに撮った写真。

この植物のたくましさと生命力に心を奪われました。

とても好きな写真で、
このブログを立ち上げてすぐの記事にも同じ時に撮った写真を使っています。






   

2011-03-12

いっしょにいること

いっしょにいること。

てをつなぐこと。

だきしめること。

はなしをきくこと。

とおくでいつものようにくらすこと。


わたしにできることはいくつもある。





直接なにかしたい。
という思いはあるけれど、
「私が、いつもの私の生活をする」ということで
誰かを安心をさせることもできる。



直接関わることはしないけれどできること。

今はこれを探してやっていこう。




   

2011-03-11

私に何ができるかわからないけれど、
私にできることをやっていこうと思います。

Kyrie




   

2011-03-08






「縁」にはやってくるものもあり、
自分がつなげていくものもあり。







■ 本日の写真

生パスタランチの前菜。

色どりが美しくてわくわく。



   

2011-03-07

和気あいあい




和気あいあいとした時間を過ごせた。


とても幸せだった。


家族や人と楽しく過ごせるっていいなぁ、と思った。









■ 本日の写真


プラトン装飾美術館(神戸・異人館)。


ここまでデコラティヴでなくてもいいけれど、
ソファやクッションを並べて、
気持ちのいい人たちをお招きしたいなぁ。



   

2011-03-05

花茶




ブレスレットと一緒に
中国茶が送られてきました。


どちらもお湯をそそいで待つと、
ゆらゆらと急須の中で茶葉の花が開く仕組みになっています。





ヴォノはこれを探すのにも時間と手間をかけてくれたようです。

そして、このお茶にまつわる素敵なエピソードも教えてくれました。




今月初めはちょっとざわついているので、
気持ちがのんびりしたときに、
丁寧にいれて
急須の中で咲く花を楽しもうと思います。




   

2011-03-04

ブレスレット





このブレスレットは“ちょっとしたミラクル”の末、
私の手首にはまっています。





1月末、
私は早めにヴァレンタインに、と、
ヴォノに
マーブルクッキーをお守りと一緒に送りました。




ある日、
ヴォノはそのお守りをジャケットのポケットに入れようとしました。


金属音を立て、
何かが落下しました。


ヴォノのお気に入りのシルバー・ブレスでした。





ヴォノはそれをなくしたものだと思っていました。

どれだけ探しても出てこないし、
とても好きだったので、
買ったお店にもう一度買いにいくと、売り切れでもう手に入りませんでした。


その、ブレスレットが出てきたのです!!




ブレスレットが出てきたジャケットは、
ブレスを探すためにポケットを何度も確かめたし、
着用もしていました。
でも、そのときには出てこなかったのです。





ヴォノはとても驚いて、
そしてキリエにあげようと思ったそうです。



そうして送られてきたのが、
このチェーンのブレスレットでした。






一度は受け取るのを断りましたが、
この話を聞き、
そのときのヴォノの様子から
これは私が持っておくのが自然のような気がしたので受け取りました。





生きていると幾つかミラクルが起こりますが、
これも素敵なミラクル。



素敵なミラクルは大好きです。













   

2011-03-03

ひなまつり





今年も出しました、私の豆雛。


小さな甚五郎ねこと一緒に撮ったり、
掌に載せて撮ったりしているうちの一枚なので、
お内裏様とお雛様があっちそっち向いてるわ・・。




お雛様を飾るだけで、
そこが桃色になって、
うっとりふわり。




   

2011-03-02

家出願望






最近、ちらりちらりと私をかすめていくのは、

家出願望





前回の家出は
「親からの独立」
というか、
思春期の延長というか、そういったもの。



今回、ちりちりしているのは、
自分の台所を持ちたかったり、
自分のリズムで生活してみたかったり、
もう一度、「独り」になっていろいろ削ぎ落してみたかったり、
そんなことで

家出願望




「絶対、この家、出ていってやるっ!」
という勢いではなく、
「旅立ちの時が満ちた」
という感じで進んでいくのかな?




しばらく様子見。







■ 本日の写真


プラトン装飾美術館(神戸・異人館)のキッチン。

ここは本当に使われていて、
お庭でいただく軽食もここで準備されるようです。










   

2011-03-01

花を灯すマッチ











一見、マッチのように見えるこれは、花の種です。


紙マッチのように一本取り出すと、
そのまま鉢に挿し、
水をやると発芽する、という面白いもの。




去年の夏、まだヴォノが近くにいたときに、
文房具店で見つけて買ってくれました。


「春になったらこっそりいろんなところに種まきしようね」
と言いながら。




カモミール・ティが好きなので、
ひとまず私のガーデンに蒔くことにしましょう。



「私のガーデン」といっても、今は何一つなくて、
春になったらプランターをそろえて
種まきしよう、と考えているのですが。